保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月14日号 エリアトップへ

本紙連載 「青春の1ページ」一堂に 保土ケ谷公園でパネル展

掲載号:2014年8月14日号

  • LINE
  • hatena
255回分の「部活動紹介」を掲出している
255回分の「部活動紹介」を掲出している

 区内・花見台にある県立保土ケ谷公園(【電話】045・333・5515)の一画にあるギャラリーで現在、地元の部活動にスポットを当てたパネル展示が行われている。

 これは本紙(タウンニュース保土ケ谷区版)が昨年、創刊10周年を迎えた事を契機に、公園関係者の働きかけなどで実現したもの。 

 地元の中学、高校へ取材を申し入れ、各校の「部活」を順次紹介している連載コーナー「青春の1ページ」のパネル展示を行っている。

区内の「部活」を紹介

 8月24日(日)まで(月曜除く)開かれているこの展示企画では、連載スタートとなった2006年9月13日号「西谷中学校・陸上部」を皮切りに、2014年7月31日号「宮田中学校・吹奏楽部」までの約8年間、ほぼ毎号にわたり掲載されてきた同コーナーを、すべて紙面掲載時より115%拡大した上で、パネルにして掲出。この間、当紙における掲載スタイルが「モノクロ」から「カラー」に、発行頻度も「隔週」から「毎週」になっていった歳月の経過を、視覚的に感じることができる。また、東日本大震災の影響で多くの学校で部活動そのものを見合わせる中、「マリノスタウン」(みなとみらい)に活動場所を移してまで取材に応じてくれた「横浜清風高校・サッカー部」(2011年3月31日号)のパネルや、現在は廃部となってしまった部活動を取り上げた紹介記事からは、当時の様子を垣間見ることもできる。

笑顔述べ3千人

 今回、一堂に展示しているのは連載コーナー255回分。「集合写真と250文字程度の紹介文」という連載開始当初からのスタイルは現在まで変わることなく続いており、1回の掲載につきおよそ15人前後の生徒が登場しているため、述べ約3000人以上の笑顔が並んでいる。展示はすでに7日から始まっており、公園を訪れた近隣の中学生や高校生が自分たちの先輩や後輩を探す姿や、実際に取材を受けた子どもの保護者が当時を懐かしむ姿などがみられている。

「思い出ノート」も

 期間は盆休みにあたるため、自分たちの掲載回を見つけがてら同窓会のような気分で参加してもらえるようにと会場には「思い出ノート」も設置。来場者の感想や、当時のエピソード等を自由に書き込み、閲覧できる。開催時間は午前10時から午後7時。入場無料。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

ベルギーへ完全移籍

横浜FC斉藤光毅選手

ベルギーへ完全移籍 スポーツ

「活躍する姿で感謝を」

11月19日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

「SSS(ストップ詐欺ストア)」に初認定

笹山団地セブンイレブン

「SSS(ストップ詐欺ストア)」に初認定 社会

詐欺被害防止に貢献

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

ドラフト2位でSB(ソフトバンク)へ

明神台LG(リトルグランパース)出身笹川吉康さん

ドラフト2位でSB(ソフトバンク)へ スポーツ

高校通算40本塁打

11月5日号

「Go To」で活気戻るか

市内商店街

「Go To」で活気戻るか 経済

効果の一過性に懸念も

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク