保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

和田町で「ちょい呑み」 10月15、16日に開催決まる

文化

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
出店者説明会には各店主などが参加
出店者説明会には各店主などが参加

 複数の飲食店で「はしご酒」を楽しめるイベント「ちょい呑みフェスティバル」が、10月15日(水)と16日(木)の2日間、相鉄・和田町駅周辺で行われる。地元での「ちょい呑み」開催は、昨秋からの天王町駅周辺エリアに続き2例目。商店街活性化などにつながる起爆剤として、各所で人気を博している企画だけに関係者も「街のにぎわい創出や、地域コミュニティの活性化に一役買えれば」と期待を寄せている。

保土ケ谷区も後援

 元々「ちょい呑み」は、藤沢市が発祥とされ、相鉄沿線だけでも天王町のほか大和、三ツ境、希望ヶ丘、二俣川、鶴ヶ峰などで開催されてきた。こうした中、和田町駅周辺で初となる同イベントの実施を前に、8月5日には保土ケ谷区役所が後援を決定。8月19日には出店者を対象とした説明会も行われ、催しの実行委員長を務める渡辺紀行さん=今号・人物風土記で紹介=が挨拶。「参加店舗が一丸となり成功に向けて取り組んでもらえれば」と、協力を呼び掛けていた。

 またこの日決まった開催要綱によれば、当日参加者は2500円(前売り2400円)で3枚綴りのチケットを購入。各店舗で1品1杯の「ちょい呑みセット」を堪能できる内容となっている(※その他、詳細は本紙上でも適宜、掲載予定)。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

22日に朝市

区役所前で

22日に朝市 社会

2月20日号

公会堂で終活講座

市が相談窓口開設

新型コロナウイルス

市が相談窓口開設 社会

土・日・祝日も対応

2月20日号

「横浜の体験」を返礼品に

市ふるさと納税

「横浜の体験」を返礼品に 社会

4月1日から23品目追加

2月20日号

春告げる梅まつり【新型コロナウイルス感染及び蔓延防止のため、特設ステージイベント・屋台の模擬店は中止となりました】

横浜FCに入浴パス進呈

横浜FCに入浴パス進呈 スポーツ

上星川の「満天の湯」

2月20日号

行政書士による無料相談会

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク