保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

中国学生らが備蓄庫見学 区内・常盤台で防災学ぶ

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
防災用品の話を聞く学生
防災用品の話を聞く学生

 日本の防災を学ぶため、横浜国立大学に滞在していた四川大学と香港理工大学の学生らが8月22日、常盤台地区連合町内会の防災拠点を訪れた。建築科などで勉強をする学生たちが、町内会長らの話を聞く姿が見られた。

 横浜国立大学と交流の深い四川大学と香港理工大学。両大学は、防災や復興に関する研究を行っており、日本の研究について学ぶ「さくらサイエンスプラン」の一環で学生と教授らが来日した。両大学は自治体の備蓄庫の見学を要望し、大学から近い常盤台地区連合町内会の備蓄庫を訪れた。同会の有澤文紀会長は、「地震がよく起こる四川大学の方が来るということで引き受けた。この経験を母国で生かしてくれれば」と話す。

 当日は、備蓄庫内にある炊飯器やガス発電機、非常用の飲料水などを防災拠点の運営委員らが学生と教授に紹介。学生から「非常食のクラッカーはどれほど保つのか、賞味期限が切れたらどうするのか」という質問が出ると、「食べられる期間は5年間。期限が切れる1年前に、防災訓練で使用したり配布する」と運営委員が返答し、クラッカーや乾パンの試食も行った。その後「備蓄庫の存在を地域住民にどう知らせているか」など積極的に質問していたほか、東日本大震災について言及する姿も見られた。横浜国立大学に留学中の許(きょ)佳奕(かい)さんは、「こういうものがあると初めて知った。日本人はしっかり備えている」と感想を語った。

 防災拠点で備蓄庫管理を担当する田宮照夫さんは、「地域の人へ防災拠点についてもっと発信していく機会を作りたい」と話していた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

事業のオンライン化推進

事業のオンライン化推進 社会

ケアプラなどWi−Fi整備へ

10月29日号

体験で普及の第一歩に

認知症高齢者等見守りシール

体験で普及の第一歩に 社会

仏向地域ケアプラで初開催

10月29日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

環境行動賞を受賞

カーリットの森を守る市民の会

環境行動賞を受賞 社会

長年の活動が評価

10月22日号

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク