保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

9月1日は防災の日 地域防災を実践的に 要援護者の初訓練も

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
防災訓練も災害への備え
防災訓練も災害への備え

 9月1日の防災の日を前に、各地で防災に関する行事や啓発活動が行われている。保土ケ谷区では「20万区民の自助・共助による減災運動」が2年目を迎え、9月20日(土)には推進大会が開催される。

 区災害対策連絡協議会、区連合町内会長連絡会と連携しながら、減災活動の実践をすすめていくこの運動は、東日本大震災を教訓に生まれた。行政主体の「公助」による災害対策だけでなく、自宅の耐震化や避難場所の確認などの「自助」や、地域の防災組織への参加や近隣住民との助け合いとった「共助」による防災にも力を入れてほしいとの思いが込められている。地域の防災力向上を図るのが最大の目的だ。

 昨年度は、キックオフとなる推進大会や、この運動のキャッチフレーズの決定、防災講習会の開催マニュアル作成を行ってきた。

 今年度は、自治会や町内会で開催する防災講習会の講師派遣や、減災リーフレットの作成、地域防災拠点訓練で情報伝達手段として試験的に使用できるミニFMの機材貸出など、より具体的な事業が予定されている。またお年寄りや障害のある人など避難所にいることが困難な人を、特別避難場所への受け入れる訓練を初めて開催する。

 9月20日(土)午前10時から、保土ケ谷公会堂で推進大会を開催。関西大学河田惠昭教授の講演と、区内の要援護者支援の取り組みを紹介する。「減災を考えるきっかけに、足を運んでもらいたい」と担当課では話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

3センチほどに成長

鮭の稚魚

3センチほどに成長 社会

3月上旬に帷子川に放流へ

1月16日号

ボードゲームで脳を活性化

ボードゲームで脳を活性化 社会

2月に講座

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

糖尿病のいろはレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはレクチャー 社会

きょう、あすの2日間

1月16日号

輸入食品との付き合い方

輸入食品との付き合い方 社会

消費生活教室、22日

1月16日号

2月に入会説明会

子育てサポートシステム

2月に入会説明会 社会

参加者を募集中

1月16日号

プロ楽団のリハ公開

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク