保土ケ谷区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

区内の崖、安全化着実に 2カ所の施工が再開

社会

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena

 昨年10月に全国で猛威を振るった台風18号・19号。市内にも影響を及ぼし、中区や緑区では土砂崩れが発生、死亡者も出ている。横浜市はその被害を受け、市内の崖の調査を開始。崖崩れが発生した場合に大きな被害のおそれがある市内の崖地202カ所を発表し、更に施工が終了したものなどを精査した結果、133カ所にリストを更新した。保土ケ谷区の崖地の安全性や、風水害発生時の対応は果たして―。





 横浜市によると、保土ケ谷区内には669カ所の崖が点在。中でも、台風の接近などで大きな被害の恐れがある崖地として5カ所が選ばれていたが、今回山留や擁壁工事などの応急措置工事が再開したことで安全が確認され、上菅田町と法泉町3丁目の2件がリストから除外された。市の担当者は「土砂災害はリストに上がっている箇所以外でも起こりうるので、住民の方には注意して欲しい」と話している。

 崖がある法泉3丁目近隣に住む吉田龍世さん(17)は「土砂崩れが起きて、ブルーシートがかかっているのを見たことがある。少しずつ安全になっていて安心です」と語っていた。

 区連合町内会らが地域の防災力向上を掲げ推進している「20万区民の自助・共助による減災運動」。昨年の台風や広島で発生した土砂災害が起きたことで危機感が高まっており、今後風水害対策にも力を入れていくほか、区も今年から同災害発生時の体制見直しを実施していくという。「身の危険を感じたら躊躇せず、命を守るために避難してほしい」と区は話している。

応急措置が完了

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場の旬菜ズラリ

まちなか農家さんの朝市

地場の旬菜ズラリ 社会

感染症対策講じ開催

5月7日号

「友好のバラ」咲く

星川中央公園

「友好のバラ」咲く 社会

気品高いダマスクローズ

5月7日号

27人が新たに入団

保土ケ谷消防団

27人が新たに入団 社会

「1日も早く即戦力に」

5月7日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

ダンス事業に最大30万円

ダンス事業に最大30万円 文化

補助金申請は5月21日まで

5月7日号

パルマワラビーを展示

パルマワラビーを展示 社会

金沢動物園で3頭

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter