保土ケ谷区版 掲載号:2014年12月25日号 エリアトップへ

区内中学校 「朝練」に精力的な姿勢 補食制度導入する学校も

教育

掲載号:2014年12月25日号

  • LINE
  • hatena
パンや握り飯で授業中の空腹を防ぐ
パンや握り飯で授業中の空腹を防ぐ

 中学校の部活動で、朝練習の在り方を問う動きが全国的に広まりつつある。県によっては、原則禁止の方針も打ち出される中、保土ケ谷区内では、全ての中学校で朝練習が行われ、中には推奨する学校もある。地元の「朝練事情」について聞いた。

 朝練習に対しては「生徒の睡眠時間が不足し心身の成長を妨げる恐れがある」「疲れて授業に集中できない」「早朝からの激しいトレーニングは怪我につながりかねない」といった意見が根強く、長野県では先頃、原則禁止の指針が示されるなど、その在り方が問われている。そんな中、保土ケ谷区内の中学校では基本的に、朝練習の参加について保護者と顧問が生徒を交え協議。強制ではなく自主練習の一環としてメニューを構築するなど現場で柔軟に対応。8校全ての中学で朝練習が盛んに行われている。

全国クラスの選手を輩出

 その理由について学校関係者は「放課後だけでは時間が短い上、都市部の学校では練習場所となる校庭や体育館も手狭。練習場所を確保するため、朝と放課後で部ごとにローテーションを組む学校もあり、量と質の充実という観点からも朝練習は重要と言わざるを得ない」などと説明。運動系の部活動が活発な一部中学校では朝練を推奨する動きもあり、全国レベルの選手を毎年のように輩出するなど、一定の成果に繋がっているという。

食事面のフォローも

 また「朝練習に出る事で、朝食と昼食の間隔が開き、空腹で授業に集中できなくなるのでは」という懸念について、上菅田中学校では、「補食」を採用。朝練習時間中(午前6時50分から8時)、5分程度の時間を設け、パンや握り飯などで空腹を防ぐ取り組みを5年以上続けている。また同時に「こうした補食がどのように自分たちの体作りに役立っているのか?」を考える講座なども行い、健康面の意識向上の良い機会にもなっているという。

 同校野球部顧問の西田寛教諭は「朝練習に参加すると、食間が6時間にもなり、空腹で授業に集中できなくなるのも事実。5分間の練習より、補食に充てた方が生徒たちの体作りのために良いのでは」と話していた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

現職2人と新人が準備

衆院選6区

現職2人と新人が準備 政治

立民・維新・自民の三つ巴か

4月22日号

再生プラでチームグッズ

横浜FC

再生プラでチームグッズ 社会

ボトルキャップ50gで進呈

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter