保土ケ谷区版 掲載号:2015年1月15日号 エリアトップへ

”マイナンバー制”秒読みへ 横浜市、準備を加速

社会

掲載号:2015年1月15日号

  • LINE
  • hatena
市総務局のホームページなどで制度の紹介が行われている
市総務局のホームページなどで制度の紹介が行われている

 年金などの社会保障や納税といった個人情報を国民に割り振る番号で紐づけ、情報共有に活用する国の社会保障・税番号制度(マイナンバー)。今年10月から国民への番号通知が始まることを受け、事務主体となる横浜市は準備を加速させているが、なおも周知方法などに課題が残る。

個人情報と紐づけ

 マイナンバーは、国民一人につき12桁の番号を割り振り、年金や医療保険などの社会保障、確定申告といった納税に関する個人情報を紐づけるためのもの。この結果、これまで複数の行政機関で管理されてきた社会保障の受給状況などの情報を共有でき、行政効率化やコスト削減に繋がる。また、正確な所得を把握することで、不正受給防止などにも役立てたいとしている。

 一方国民側は、各種手当等の申請時などに、複数の機関を回らなくて済み、書類添付が不要になるというメリットも謳われている。

 番号指定や通知、個人情報の管理などは、法定受託事務として市町村が行う。

 番号通知は今年10月から始まり、住民票のある全ての国民に対し、番号を知らせる「通知カード」が郵送される。番号の利用開始は16年1月からで、希望者には個人番号や氏名、住所、顔写真などが記載されるICチップ入りの「個人番号カード」の配布も行われる。

予算4億円計上

 制度導入に対応し横浜市は、一昨年春から庁内に委員会を組織。個人情報は、新制度後も分散管理となることから、関係各局でワーキンググループを作るなどして準備を進めている。全体を取りまとめる市総務局しごと改革推進課によると、今後専門部署設置も検討中という。

 予算は、今年度、制度対応のためのシステム改修に4億円を計上。来年度は数倍以上になるとみられる。

周知などに課題

 導入にあたっては、個人情報保護や、任意となる個人カードの利用促進、広報周知などの課題がある。

 個人情報に関しては「法律による罰則強化や、特定個人情報保護委員会の設置が決められており、事前に保護評価書を公表する」と説明。個人カードの利用促進は、市内で幅広く活用できるようにするなど、市民利点が高まるよう条例整備も検討している。一方で市民への周知は、現段階で広報よこはまとホームページへの掲載=写真、庁内のポスター掲示に留まる。市は、来年度の予算確定後、広報活動を加速させたいとしている。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

詐欺防止の動画を配信

神奈川県警×レジェンド松下さん

詐欺防止の動画を配信 社会

昨年の被害件数過去最多を受け

10月29日号

糖尿病のいろはをレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはをレクチャー 社会

10月29日、30日

10月29日号

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

市立小3生にハンドブック

10月29日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人出不足対策と連動

10月29日号

地域課題 書面で募集

地域課題 書面で募集 社会

10月31日まで

10月29日号

壁飾制作ボラ募集

壁飾制作ボラ募集 社会

11月1日から申込

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク