保土ケ谷区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

上菅田在住お笑い芸人 綱島で記念ライブ 50回の節目に

文化

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena
ステージに上がる箸休めさん(写真左)
ステージに上がる箸休めさん(写真左)

 港北区・綱島で笑いを巻き起こし、話題を集める人物がいる。上菅田町在住のお笑い芸人、箸休めサトシさん(本名・加藤聡さん=人物風土記で紹介)だ。入場無料のお笑いライブ「ツナシマンズ・ゴッド・コメディアンズライブ(通称・ツナコメ)」を主宰し、2月6日には50回目の記念公演を開催予定だ。当日は、これまでの出演者らを中心に、漫才やコントを披露する。

 「ツナコメ」は、ほぼ毎週末綱島地区センターで開催されている無料のお笑いライブ。箸休めサトシさんを始め、芸人が新作のネタを披露する場として、2013年10月に始まった。今まで40組以上が出演しており、オーディションなどに向けて、腕を磨く場として利用する人が多いという。

 客層は子連れの家族から高齢者、中高年など幅広く、舞台上の芸人たちと観客が掛け合いをして盛り上がることもあるなど、地域住民がお笑いに気軽に触れられると話題になっている。

凱旋公演も視野

 現在、毎週40人前後の観客が足を運んでいる「ツナコメ」。当初は発表場所もなく、箸休めサトシさんが地元・横浜でお笑いライブをやりたいという思いから、西谷地区センターなどでネタを考え、練習を重ねていたと言う。その後ステージなど設備が整っていた綱島地区センターを発見。今では出演芸人らがビラ配りを行い、集客を図っている。今後は地場の祭りやイベントなどへの出演も考え、警察と協力して、防犯大喜利や漫才を活用した振り込め詐欺防止の啓発活動なども行う予定だ。

 また、凱旋ライブも構想にあり、「ツナコメ」の活動を拡充し、横浜出身芸人を集めて保土ケ谷公会堂での公演も考え、日々笑いの研究を重ねている。

地域の人に笑いを

 50回目の記念公演では、箸休めさんを中心に、「ツナコメ」で経験を積んできた芸人ら13組が出演。観客に少しでも楽しんでもらえるよう、新作ではなく、普段披露している中でも自信のあるネタのラインナップで臨むという。「地域の人がたくさん集まって、たくさん笑える、皆とつながれるライブにしていければ」と、箸休めさんは意気込みを話している。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

コロナ禍で独自演奏会

区内7中学吹奏楽・MB(マーチングバンド)部

コロナ禍で独自演奏会 コミュニティ教育

YCVなどで動画配信

10月8日号

移動販売で買い物支援

市営住宅コンフォール明神台

移動販売で買い物支援 コミュニティ社会

指定管理者用駐車場を利用

10月8日号

選挙で屋根色決定へ

かながわアートホール

選挙で屋根色決定へ 文化

きょうから投票受付

10月1日号

横浜保育室「曲がり角」

横浜保育室「曲がり角」 社会

定員、最大時の2割に減少

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク