保土ケ谷区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

中学校長の見地を活かし、ミニバスケットボールの県大会でテレビ解説者を務めた 佐塚 久信さん 上菅田町勤務 60歳

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena

子どもに無限の可能性を

 ○…全国大会へ歩を進めるためのミニバスケットボール神奈川県予選「チャレンジカップ」。その決勝戦のテレビ解説者を務めた。「自分の一言が選手のやる気につながる。今までの努力を評価しながら、次に繋げられる様、心がけました」と競技だけでなく、教育者としての情熱を見せる。

 ○…中学バスケットボールの指導者として全国大会3度出場の実績を買われ、ジュニアオリンピックや国体などに理事や委員長として運営に携わるなど、籠球界に足跡を残してきた。「頼まれたことを何でも引き受けてたら、いつの間にかいろいろなことをやっていたね」とニッコリ。

 ○…自身、高校まで競技経験があり、中学校教諭になると、いつしかバスケットボール部の顧問に。初めて臨んだ公式戦で市大会3位になると、勝利への喜びを味わった事で本格的に指導者を目指し始める。モットーは『どんなに忙しくても必ず活動場所に顔を出す事』。「名ばかりの顧問が嫌でね」と、その理由を説明する姿からは「子ども達に誠意を見せたい」という強い責任感も。また理科の教諭らしくポリシーは「可能性を見限らない」。常に選手と一緒にチームを土台から構築し、その長所を生かした戦法を模索してきた。結果を残し、全国大会出場が決まった時も、喜ぶよりもまずは感謝。「2位になってしまった人が一番悲しい。敗者にも敬意を表し、気遣いができるようになって欲しかった」。名将の思考回路が、ふと垣間見えた。

 ○…「フラットな状態でスポーツを見てみたい」という思いから一旦、バスケットボールの世界から身を引くも、2年前に県協会のご意見番とも言える監事として現場復帰。現在は上菅田中学校の校長先生という忙しい立場の中、妻や孫たちなど、家族一同でのドライブが息抜きに。「夜8時から広島へ向かったり。弾丸ツアーですよ」。還暦を迎えてもなお、情熱に満ちた表情をみせてくれた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

寺坂 悦郎さん

保土ケ谷区商店街連合会の会長に就任した

寺坂 悦郎さん

上星川在勤 65歳

10月21日号

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

月見台在住 78歳

10月14日号

村瀬 悠さん

「あったかほどがや寄付」のロゴマークを作成した

村瀬 悠さん

横浜国立大2年生 

10月7日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月30日号

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

62歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook