保土ケ谷区版 掲載号:2015年3月12日号 エリアトップへ

意見広告 世界から見た「暮らしたい街」へ 日本共産党 保土ケ谷区委員会 北谷(きたたに)まり

掲載号:2015年3月12日号

  • LINE
  • hatena

 私は国際都市横浜に生まれ、若いころから海外に出て、「こんな街で暮らしたい」と思える街にたくさん行ってきました。それは、住民が安心して、希望を持って生き生きと暮らしている街でした。そして、グローバルな環境で働き、子育てをしてきました。

 世界のなかでも、日本は女性の地位が格段に低く、子育て・介護をしながら仕事をすることが、非常に困難です。子どもをとりまく環境・政策も貧弱で、先進国の中でも立ち遅れています。私は、労働環境と子育て環境が、他のOECD諸国と同じレベルになってほしい、世界の人々から、横浜が、「暮らしたい街」として選ばれるように発展してほしいと願ってきました。今、子育て支援で最も必要なことは、女性が仕事を続けられる条件整備であり、病児・病後児保育を含め、保育園と学童保育の充実、中学校給食の実施、小児医療費助成年齢の引き上げ、ひとり親家庭への支援充実ではないでしょうか。6人にひとりという子どもの貧困にも、正面から向き合うべきです。住民の福祉増進という自治体本来の役割を、財政力が豊かな横浜だからこそ、果たすべきではないでしょうか。

人間中心の街づくりを

 また、経済がグローバル化した今、市内で大多数を占める中小企業を支えて地域経済を守り、市民の暮らしを守ることが必要で、住民本位の街づくりを進めるのであれば、生活道路・歩道の整備は必須です。欧米の街を歩いていると、街が人間中心に造られていることが実感できます。横浜が国際都市だからこそ、先進国の名にふさわしい福祉政策をリードし、人を大切にする街づくり、環境にやさしい横浜へと市政の転換を求めていきたいです。

北谷まり

保土ケ谷区上星川2-1-13

TEL:045-381-1713

http://kitatanimari.blogspot.jp/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6

人とひとの間に笑顔が生まれる社会を

意見広告

人とひとの間に笑顔が生まれる社会を

立憲民主党神奈川県議会議員 もちづき聖子

8月15日号

地域の声が政策の原点!

市政報告【1】

地域の声が政策の原点!

横浜市会議員 森ひろたか

7月4日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月27日号

皆さまの声がカタチに!

市政報告 47

皆さまの声がカタチに!

9000件超える市民相談横浜市会議員 斉藤伸一

6月13日号

地元、保土ケ谷のために

子育て・生活支援のスペシャリスト「現場からの提案」 意見広告

地元、保土ケ谷のために

立憲民主党神奈川県政政策委員 もちづき聖子

3月28日号

責任ある政治 実行力ある改革生まれ育った ふるさと 保土ケ谷のために

福祉・くらし・子育て最優先の地方政治を

意見広告

福祉・くらし・子育て最優先の地方政治を

日本共産党保土ヶ谷区県政対策委員長 小沢むつお

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク