保土ケ谷区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

市政報告 4年間の議会活動を終えて 横浜市会議員 いそべ圭太

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 平成27年第1回市会定例会が終了しました。一般会計1兆4955億円、特別会計・公営企業会計も合わせると、3兆4820億円にもなる日本一の基礎自治体が横浜市です。

 今議会では、2月24日に本会議場で予算関連質疑に登壇し、「事業見直し」「責任職の配置」「職員の給与水準」「外郭団体改革」「いじめ対策」「中学校給食」など11項目30問の質疑を行いました。責任職の配置では、部長級のポストに理事級(職員の中で一番階級が上)や課長級のポストに部長級を当てるなど、上に上がるポストがなくやむを得ず階級だけ上げている退職手当のための人事異動ではないか、と指摘しました。このようなポストが合わせて24もありました。すべて市民のみなさんが納めた税金で雇われています。

 また、3月20日の最終日に議案関連質疑(新教育長人事議案)にも登壇し、教育委員会制度が変わるにあたり、現行の教育委員会委員長と教育長を統合した新「教育長」の同意人事について、「市長が考える横浜の子どもたちの未来像」「民間人でなく行政出身者を任命する理由」「今後この人物にどのような活躍を期待しているのか」の3問の質疑を行いました。

 4年間での本会議登壇は6回、予算・決算委員会での登壇は11回。そのほかにも常任委員会での質疑や提言、そして意見表明を積極的に行ってきました。徹底した「行政改革」「財政改革」「外郭団体改革」を柱とし改革により捻出した財源を福祉や教育、子育てに使うよう提言してまいりました。

 横浜市は370万人が暮らす日本最大の基礎自治体です。将来人口推計では、2019年に人口のピークを迎え、およそ373万人になると予測されています。しかしながら高齢化率は25%を超え、働いて税金を納めてくれる方々が減っていくことも予測されます。社会保障費だけで、年間100億円前後が自然に増えています。福祉や医療、教育や子育て施策を推進していくのは当たり前のことです。問題は、政策の優先順位と財源の確保をどのように行っていくのかです。当然ですが、税金のムダ使いは解消しなければなりません。行政改革も止まることなく徹底的に行っていく必要があります。引き続きの取り組みを全力で進めてまいります。

磯部圭太 様

保土ケ谷区和田1-12-17ホーユウパレス和田町

TEL:045-337-3331

http://www.iso-becchi.com/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6

子どもたちの健やかな成長のために

皆さま声をカタチに! 市政報告 48

子どもたちの健やかな成長のために

横浜市会議員 斉藤伸一

10月17日号

人とひとの間に笑顔が生まれる社会を

意見広告

人とひとの間に笑顔が生まれる社会を

立憲民主党神奈川県議会議員 もちづき聖子

8月15日号

地域の声が政策の原点!

市政報告【1】

地域の声が政策の原点!

横浜市会議員 森ひろたか

7月4日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月27日号

皆さまの声がカタチに!

市政報告 47

皆さまの声がカタチに!

9000件超える市民相談横浜市会議員 斉藤伸一

6月13日号

地元、保土ケ谷のために

子育て・生活支援のスペシャリスト「現場からの提案」 意見広告

地元、保土ケ谷のために

立憲民主党神奈川県政政策委員 もちづき聖子

3月28日号

責任ある政治 実行力ある改革生まれ育った ふるさと 保土ケ谷のために

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちかど博物館巡り

スタンプラリー企画

まちかど博物館巡り

あす11日から

10月11日~11月10日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク