保土ケ谷区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

マイナンバー 事業者へ早期対応求める 横浜市、説明会を初開催

社会

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
セミナーの様子
セミナーの様子

 国民に12桁の番号を割り当てる「マイナンバー制度」が2016年1月から導入されるのを前に、事務主体の横浜市は事業者向けのマイナンバーセミナーを5月12日、初めて開いた。

 参加者からは「対応は手探り」との声も聞かれ、今後市は制度の広報・周知を継続していくという。

導入前の準備必要

 マイナンバー制度は国が社会保障や税などの情報を紐づけ分散管理するもの。導入後は、年金給付や確定申告などの行政手続きにマイナンバーが必要となる。

 事業者も、個人のマイナンバーを取り扱うようになる。源泉徴収票などの税や社会保障関係の書類に、従業員のマイナンバーの記載などが求められるからだ。

 個人情報を保護するため、事業者のマイナンバー取り扱いには厳格な本人確認などの様々なルールが定められており、対応には準備が必要だ。

専門家も活用を

 12日のセミナーには市内外320社が参加。事業者のマイナンバー取り扱いに関するガイドラインについてや、制度開始までの体制作りなどが説明された。

 講師として登壇した(株)野村総合研究所の梅屋真一郎氏は、「まだ準備はこれからという企業は多いが、ゆっくりしていると間に合わない。なるべく早く準備を」と呼びかけた。従業員へ制度の周知徹底をしておくこと、税理士や社会労務士など専門家の外部サービスを最大限活用することなどをアドバイスしていた。

安全管理に不安

 参加者は、「準備はこれから。安全に情報管理ができるか不安。皆手探りだと思う。外部委託するか今後検討したい」と話していた。

 市の担当者は「事業者の対策は今年度本格化していくと思う」と話し、説明会などを通じ情報提供を続けていくという。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

詐欺防止の動画を配信

神奈川県警×レジェンド松下さん

詐欺防止の動画を配信 社会

昨年の被害件数過去最多を受け

10月29日号

糖尿病のいろはをレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはをレクチャー 社会

10月29日、30日

10月29日号

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

市立小3生にハンドブック

10月29日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人出不足対策と連動

10月29日号

地域課題 書面で募集

地域課題 書面で募集 社会

10月31日まで

10月29日号

壁飾制作ボラ募集

壁飾制作ボラ募集 社会

11月1日から申込

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク