保土ケ谷区版 掲載号:2015年5月21日号
  • googleplus
  • LINE

子育てしやすい街に 共産党 北谷眞利さん(53歳)

政治

横浜市鶴見区出身。産業能率大学(通信)卒業。民間企業を経て、同党委員会に勤務。今回の市議選で初当選。
横浜市鶴見区出身。産業能率大学(通信)卒業。民間企業を経て、同党委員会に勤務。今回の市議選で初当選。
――初めての市議選でした。選挙を振り返って感想を聞かせてください。

 女性の声援を多くうけました。昨今の情勢から、平和な国にしてほしいと共産党に求められています。平和を願う女性の気持ち、共産党への期待、頑張れという声を強く感じました。

――力を入れて取り組みたいことを教えてください。

 ずっと訴えてきた中学校給食の実現、小児医療費無償化の引き上げ、子どもの貧困問題など、子どもに関係することですね。就学援助の基準引き下げなど、福祉の切り捨ては見過ごせない問題です。そして今年は教科書採択の年。戦争できる国づくりと連動するような教科書はダメ。しっかりと対応していきます。また、女性の家庭と仕事の支援の充実にも取り組みたいです。

――保土ケ谷の課題と対策を教えてください。

 山坂の多い街ですから、高齢者やベビーカーを使っている親子連れなどの交通弱者対策が重要です。病院に行くにも足がない方、買い物難民など、日常生活での不便を解消していきたいですね。

――以前は海外ツアーコンダクターとしても活躍していました。

 長く観光の仕事に携わっていましたから、観光客が求めいているものはわかります。観光のあり方を根本から見直したいです。カジノに関しても、治安や住環境の問題などしっかり見守っていきたいと思っています。

――林市政について、どのようにお考えでしょうか。

 大規模開発ばかりを見ているので、市民の暮らし、特に困っている人の暮らしをみてほしいです。

――最後に区民にメッセージをお願いします。

 保土ケ谷で子育てしてよかったと思える街づくりをしていきましょう。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク