保土ケ谷区版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

ママと子どもと地域を繋ぐ「よんコミュニケーション」の代表を務める 永井 沙蓉さん 上星川在住 30歳

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena

ママの声、届けたい

 ○…「子育て世代のママが地域と繋がるきっかけを作りたい」。そんな思いで4月に市民団体を立ち上げた。よんコミュニケーションのよんは、数字の4。「母親にとって第一の繋がりが家族、第二がママ友、第三がサークル、第四が地域。まちづくりにママの意見をダイレクトに届けたい」と語る。二歳半の娘を連れ、代表としてさまざまな集まりに参加する。

 ○…昨年、区が主催する地域活動やグループ運営の手法を学ぶはぐぐみ塾に参加。そこで区内で活動をするママ達に出逢い、団体を設立。地域にPRしていきたいと意気込む。10月には乳幼児とその親の宿泊避難体験を実施予定。「公共施設で一泊するということを実体験で確認し、乳幼児の場合、震災にどんなものを用意したらいいのかなど、今後のために情報を発信していきたい」。

 ○…宮城県塩竈市の出身。15才のときに、起業家という職業を知り、「自分の発想で楽しく働けるなんて」と憧れた。宮城大学事業構想学部では、高校時代自習室がなくて苦労した経験から、空き店舗対策で自習室を運営する事業計画を立案。その案は採用されたが、「やっぱり学生の発想で運営が難しかった」と振り返る。塩竈の浦戸諸島で行われるライブにボランティアで携わるなど地域振興にも興味があった。東日本大震災時は、帰省していた仙台で被災。しばらくライフラインの無い生活が続き、近所の人が井戸から水を汲んできてくれた。「地域との繋がりの大切さを身に染みて感じた」と話す。

 ○…「自分の発想で仕事したいと思った夢が、15年かけてようやく実現した」と、語る笑顔は晴れやか。子育てをしながらの活動ゆえ、パソコンが使えるのは娘の昼寝時か夜。それでも「事業を考える時間が楽しい」と疲れを見せない。「夢は子どもの近くでママが安心してワクワク働ける社会づくり」と、語るママの腕で娘がスヤスヤ寝ていた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

東川島町在住 62歳

6月30日号

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

26歳

6月23日号

森谷 恭子さん

横浜市幼稚園協会の保土ケ谷支部長を今年度から務める

森谷 恭子さん

育和幼稚園園長 63歳

6月16日号

竹内 俊樹さん

5年前の就任以来、躍進を続ける保土ケ谷高校陸上部の顧問を務める

竹内 俊樹さん

川島町在勤 31歳

6月9日号

西窪 弘忠さん

滝ノ川あじさいロードの整備を行う「花咲かせ隊」発起人のひとり

西窪 弘忠さん

峰沢町在住 85歳

6月2日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

36歳

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook