保土ケ谷区版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

天王町橘樹神社 畠山さんが巫女舞奉納 週末の宵宮、例大祭で

文化

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena
白衣、緋袴、千早の衣裳をまとい神に踊りを奉納する※写真は昨年〔橘樹神社提供〕
白衣、緋袴、千早の衣裳をまとい神に踊りを奉納する※写真は昨年〔橘樹神社提供〕

 帷子小学校3年生の畠山千怜(ちさと)さんが天王町の橘樹神社(岩崎勝美宮司)で6月13日(土)、14日(日)に執り行われる祭りで巫女舞を披露、奉納する。両日ともに午後4時ごろから境内にある神楽殿の舞台に立ち、横浜市域に伝わる神楽のひとつの演目を舞う。

 3年前、岩崎宮司が「神社の祭りで地域の子どもに巫女舞を踊ってもらえないか」と考え、子ども会に働きかけた。この打診に当時、役員を務めていた千怜さんの母親が「なかなかできる機会はない。娘に巫女舞を踊らせたい」と申し出た。

 神楽師の加藤俊彦氏から指導を受け姉とともに初めて舞台に立ち、踊りを奉納、披露した3年前、ひとりで舞台に立った昨年につづき3度目の大役となる今年は、週に1度の稽古をこなし所作など細部にもこだわった舞を目指している。

 「昨年は緊張してしまい、立ち上がる時に袴を踏んでしまった。今年は笑顔で踊り終えたい」と話し、自宅では昨年の映像や母親が踊りのポイントを綴ったノートで動きを確認するなど、母娘「二人三脚」で本番の舞台に備えている。

 両日とも舞台は午後4時ごろの予定。白衣、緋袴、千早(ちはや)の巫女装束をまとい神楽の奉納演奏とともに舞を披露する。岩崎宮司は「地元の子どもが一所懸命に稽古し舞います。多くの方にご覧いただければ」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

国大生が子ども食堂

県営笹山団地

国大生が子ども食堂 教育

地域の「居場所」めざす

6月30日号

バリアフリー化前進

羽沢横浜国大駅周辺地区

バリアフリー化前進 社会

住民提案受け基本構想作成

6月30日号

基本的対策徹底し親睦旅

川島東部連合町内会

基本的対策徹底し親睦旅 社会

「開催できる方法」模索

6月23日号

発足後初のイベント

星川商店会

発足後初のイベント 経済

駅前広場で26日に「縁日」

6月23日号

新球技場整備へ動き

三ツ沢公園

新球技場整備へ動き スポーツ

市が構想案示す

6月16日号

屋上から「いってらっしゃい」

屋上から「いってらっしゃい」 教育

西谷中で修学旅行時の伝統

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook