保土ケ谷区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

保土ケ谷町在住大崎章監督 地元商店が新作応援 チラシ配布や予告編放映

文化

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
大崎監督(右)と雨宮さん(左)
大崎監督(右)と雨宮さん(左)

 保土ケ谷町に暮らす映画監督・大崎章さん(53)の新作「お盆の弟」が7月25日に公開されることを受け、保土ヶ谷駅周辺の商店主らが店内で予告編を放映するなど、盛り上げる活動をつづけている。

 2002年に群馬県から保土ケ谷に移り住んだ大崎さんは06年に公開したデビュー作「キャッチボール屋」で日本映画批評家大賞・新人監督賞を受賞。今作は売れない映画監督・渡辺タカシが兄の看病を通じ再起を図る姿を描いた。作中の映画監督は大崎さん自身だ。

 公開を前に同駅周辺の多数の店がチラシを貼るなどし応援。帷子町の「カフェ・カンムリバネ」では店内で大崎さんが関わった作品のポスター展示や予告編の放映などを行っている。「映画を作る人を応援したかった」という、オーナーの雨宮正洋さんは「公開前にリアルタイムで応援するのが夢だった。大崎さんとの出会い夢が叶った。ヒットしてほしい」と語る。

 大崎さんは「ありがたいの一言に尽きる。応援してくれる人たちのためにヒットさせたい。保土ケ谷には温かい人のつながりや田舎の良さがある。ゆくゆくは保土ケ谷を舞台に映画が作れたら」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

暦挿絵に障害者の力作

偕恵いわまワークス

暦挿絵に障害者の力作 社会

テーマは「私の好きな人」

12月5日号

ボッチャの魅力発信

保土ヶ谷小4年1組

ボッチャの魅力発信 教育

PTA主催のイベントで体験会

11月28日号

J1復帰決まる

横浜FC

J1復帰決まる スポーツ

2007年以来13年ぶり

11月28日号

青染めで昇格後押し

サッカーJ2横浜FC

青染めで昇格後押し スポーツ

最終戦で1万人にシャツ配布

11月21日号

地域特性の坂道に着目

保土ケ谷区福祉保健課

地域特性の坂道に着目 社会

健康ウォーキングマップ刊行

11月21日号

環境絵日記で優秀特別賞

瀬戸ヶ谷小6年安藤さん

環境絵日記で優秀特別賞 社会

「つながり」をテーマに描く

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク