保土ケ谷区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

保土ケ谷町在住大崎章監督 地元商店が新作応援 チラシ配布や予告編放映

文化

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
大崎監督(右)と雨宮さん(左)
大崎監督(右)と雨宮さん(左)

 保土ケ谷町に暮らす映画監督・大崎章さん(53)の新作「お盆の弟」が7月25日に公開されることを受け、保土ヶ谷駅周辺の商店主らが店内で予告編を放映するなど、盛り上げる活動をつづけている。

 2002年に群馬県から保土ケ谷に移り住んだ大崎さんは06年に公開したデビュー作「キャッチボール屋」で日本映画批評家大賞・新人監督賞を受賞。今作は売れない映画監督・渡辺タカシが兄の看病を通じ再起を図る姿を描いた。作中の映画監督は大崎さん自身だ。

 公開を前に同駅周辺の多数の店がチラシを貼るなどし応援。帷子町の「カフェ・カンムリバネ」では店内で大崎さんが関わった作品のポスター展示や予告編の放映などを行っている。「映画を作る人を応援したかった」という、オーナーの雨宮正洋さんは「公開前にリアルタイムで応援するのが夢だった。大崎さんとの出会い夢が叶った。ヒットしてほしい」と語る。

 大崎さんは「ありがたいの一言に尽きる。応援してくれる人たちのためにヒットさせたい。保土ケ谷には温かい人のつながりや田舎の良さがある。ゆくゆくは保土ケ谷を舞台に映画が作れたら」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 教育

働き方改革の一環で

4月15日号

下平監督を解任

横浜FC

下平監督を解任 スポーツ

J1昇格の立役者 成績不振で

4月15日号

「地場ワイン」仕上がる

「地場ワイン」仕上がる 社会

話題呼び、予約で完売

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

4日から一時移転

休日急患診療所

4日から一時移転 社会

来年3月まで岩間町に

4月1日号

世帯単位での設置も補助

感震ブレーカー

世帯単位での設置も補助 社会

要件満たせば取付代行も

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク