保土ケ谷区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

保土ケ谷町在住大崎章監督 地元商店が新作応援 チラシ配布や予告編放映

文化

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
大崎監督(右)と雨宮さん(左)
大崎監督(右)と雨宮さん(左)

 保土ケ谷町に暮らす映画監督・大崎章さん(53)の新作「お盆の弟」が7月25日に公開されることを受け、保土ヶ谷駅周辺の商店主らが店内で予告編を放映するなど、盛り上げる活動をつづけている。

 2002年に群馬県から保土ケ谷に移り住んだ大崎さんは06年に公開したデビュー作「キャッチボール屋」で日本映画批評家大賞・新人監督賞を受賞。今作は売れない映画監督・渡辺タカシが兄の看病を通じ再起を図る姿を描いた。作中の映画監督は大崎さん自身だ。

 公開を前に同駅周辺の多数の店がチラシを貼るなどし応援。帷子町の「カフェ・カンムリバネ」では店内で大崎さんが関わった作品のポスター展示や予告編の放映などを行っている。「映画を作る人を応援したかった」という、オーナーの雨宮正洋さんは「公開前にリアルタイムで応援するのが夢だった。大崎さんとの出会い夢が叶った。ヒットしてほしい」と語る。

 大崎さんは「ありがたいの一言に尽きる。応援してくれる人たちのためにヒットさせたい。保土ケ谷には温かい人のつながりや田舎の良さがある。ゆくゆくは保土ケ谷を舞台に映画が作れたら」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

夏の決勝、保土ケ谷で

高校野球

夏の決勝、保土ケ谷で スポーツ

五輪開催措置で45年ぶり

2月20日号

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク