保土ケ谷区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

横浜マラソン ゲスト走者5人が会見 不足距離は補正

スポーツ

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
記念撮影に応じるゲストら
記念撮影に応じるゲストら

 第2回目となる「横浜マラソン2016」の発表記者会見がこのほど、横浜市内で行われた。会見には横浜マラソン組織委員会の山口宏会長をはじめ、1回目に引き続き出走予定の鶴見辰吾さん、石原良純さん、田村亮さん(ロンドンブーツ1号2号)、タレントの福島和可菜さん、また車いす世界記録保持者の土田和歌子さんらが出席し、会見を盛り上げた。

 今年の横浜マラソンで、フルマラソン186・2m、10Kmコースでは94・1m不足していた問題については、折返しの距離をのばすことによって補正することが発表された。

 開催日は来年の3月13日(日)で、9月1日(火)正午からエントリーの受付を公式HPやコンビニ店で行う。

 募集人数は今年と同じで、フルマラソンでは2万3950人を募集し、地元優先枠として横浜市民枠2千人、神奈川県民枠1千人が用意されている。優先枠の抽選から漏れた場合は自動的に一般枠で抽選される。その他、10Km1千人、車いす部門で10Km30人、2Km20人を募集する。

 今年の大会で3時間12分台でゴールした鶴見さんは「地元の方の応援がすごい大会。まちなかを楽しみながら走れます。来年は3時間を切りたい」と抱負を話していた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

22日に朝市

区役所前で

22日に朝市 社会

2月20日号

公会堂で終活講座

市が相談窓口開設

新型コロナウイルス

市が相談窓口開設 社会

土・日・祝日も対応

2月20日号

「横浜の体験」を返礼品に

市ふるさと納税

「横浜の体験」を返礼品に 社会

4月1日から23品目追加

2月20日号

春告げる梅まつり【新型コロナウイルス感染及び蔓延防止のため、特設ステージイベント・屋台の模擬店は中止となりました】

横浜FCに入浴パス進呈

横浜FCに入浴パス進呈 スポーツ

上星川の「満天の湯」

2月20日号

行政書士による無料相談会

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク