保土ケ谷区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

お弁当で地産地消 試食会重ね、来月試験販売

文化

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena
弁当を試食する参加者
弁当を試食する参加者

 保土ケ谷の魅力を食から伝えようと、区と街づくり団体が協働で、「ほどがや弁当」の販売を計画している。9月3日にはアワーズで2回目の試食会を行い、地元らしさを前面に出すための意見交換を行った。

 ”食”という新たな視点で旧東海道・保土ケ谷らしさの魅力づくりを目指すため区は、今昔写真のパネルやイベントを通じて、保土ケ谷の歴史の魅力を伝えてきた「ほどがや人・まち・文化振興会」(羽根一男会長)と協働し、6月から「ほどがや弁当」の販売に向け動き出した。

 弁当のテーマは、「地産地消」。地元で採れたじゃがいも”ほどじゃが”などの地場産品を使ったおかずを数品盛り込むなど、保土ケ谷らしさを前面に出す工夫を考えている。

 同会の朝市街道部会メンバーを中心に議論を重ね、保土ケ谷西口商店街のオードブルの店ワイズ(吉塚俊司店長)に弁当の製作を依頼。一回目の試食会では、2種類の弁当を製作し、量や内容、価格、パッケージなどを検討。2回目となる9月3日の試食会には、幅広い世代の20人が集まり意見交換を行った。

 今回の弁当には、川島町の農家で生産された”ほどじゃが”のほか、地元産のにんじんとなすを使用。それぞれ肉じゃがと煮びたしに調理され、このほかにてんぷらや俵型のおにぎりなど、6品が弁当に盛り込まれた。参加者からは、「大きなじゃがいもが目立っているのが良い」との意見が多かった一方、「保土ケ谷がじゃがいもの産地であることをまだ知らない人も多いから、もう一品あった方がアピールになるのでは」との意見もあった。またパッケージも3種類用意され、「中身が見えると選びやすい」「地元産の野菜がメインとわかるイラストを入れたい」など感想を話し合った。羽根会長は、「四季折々の食材を取り入れながら保土ケ谷らしさを表現する難しい挑戦。協力しながら良いものを作っていきたい」と話していた。

 ほどがや弁当は、10月11日(日)、12日(月)の宿場まつりで各日100食ずつ試験販売される。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「途上国にワクチンを」

仏向小4年1組

「途上国にワクチンを」 教育

商店街にボトルキャップ回収箱

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

区制100周年へ向けて

出口区長インタビュー

区制100周年へ向けて 政治

地域の繋がりの希薄化懸念

1月6日号

懐かしの生活用具で回想

ささやま丘の上ミュージアム

懐かしの生活用具で回想 社会

横国大大学院生が着想

1月6日号

区内所縁 「義盛」が登場

NHK大河ドラマ

区内所縁 「義盛」が登場 社会

まつわる地名や伝説を辿る

1月1日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook