保土ケ谷区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

(PR)

増加傾向にある「大腸がん」 医療レポート 「内視鏡検査」で早期発見を 取材協力/育生会横浜病院

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena

 日本人の死因第1位である悪性腫瘍(がん)、その中でも大腸がんが増加傾向にある。そんな中、注目を集めているのが「内視鏡」による検診。今回は保土ケ谷区狩場町の育生会横浜病院で大腸内視鏡検査を行っている開田脩平外科医長に話を聞いた。

――大腸がんが増えています。どういったことが要因なのでしょうか。

 食生活の欧米化が大きな要因として考えられています。「がん」は日本人の死因第1位で、その中でも大腸がんは男性では3位、女性では1位という状況です。

――何歳くらいから注意が必要でしょうか。

 40歳を境に増加します。40歳以上の方は2年から3年に一度、検診をお受け頂きたいですね。ポリープが見つかった場合には半年から1年に一度を目安に受診していただきたいです。

――検診で早期に発見することが重要ですよね。

 大腸がんは他臓器に転移がなく適切な時期に治療を施せば助かる病気です。大腸癌研究会の発表では72%の治癒率となっています。

――検診について具体的にお話し下さい。

 大腸がんの検診には内視鏡を用います。カメラのついたスコープを肛門から入れ、腸内を目視で確認していきます。内視鏡検査は「痛い、苦しい」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが鎮静麻酔をしてからの検査ですので、眠っているうちに10分程度で終了してしまいます。

――開田先生は大腸を専門にされています。胃がんについてはいかがでしょうか。

 院長を務める長堀が胃がんを専門としております。また、この夏から内視鏡を専門とする女性内科医師も常勤する体制が整いましたので、女性の患者様も受診しやすい形となりました。大腸がんや胃がんは早期発見、早期治療で治癒することができる時代です。ぜひ、定期的に検診を受けていただきたいですね。

育生会横浜病院

横浜市保土ヶ谷区狩場町200-7

http://ikuseikai-yokohama.com/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

不動産を無料で査定

不動産を無料で査定

締切迫る、1月31日まで

1月20日号

ブロック塀の安全を確認しましょう

横浜市

ブロック塀の安全を確認しましょう

併せて意見募集にもご協力ください

1月20日号

美術品・骨董品を高価買取り

2月5日「お宝無料鑑定会」開催 予約優先

美術品・骨董品を高価買取り

出張査定も受付中

1月20日号

「日曜法話会」開催

妙法院

「日曜法話会」開催

仏教に親しむ

1月13日号

子どもの「アゴの形と口の機能」とは

矯正歯科医が解説 横浜駅西口すぐ「横浜クリニック」

子どもの「アゴの形と口の機能」とは

1月22日(土)に無料公開講座

1月13日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

1月25日 送迎付き見学会(体験食事付)

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook