保土ケ谷区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

横浜保土ケ谷ライオンズクラブ 薬物乱用「ダメ絶対」 富士見台小学校で特別授業

社会

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena
講師の言葉に聞き入る子どもたち
講師の言葉に聞き入る子どもたち

 横浜保土ケ谷ライオンズクラブ(池松忠彦会長)が10月16日、富士見台小学校で「薬物乱用防止教室」を開いた。これは、麻薬などの違法薬物の怖さを児童に知ってもらい、被害にあわないことを目的に継続的に開催している取り組み。

 この日は薬物乱用防止教育認定講師の資格を有するクラブのメンバーが講師を務め、6年生の児童に薬物の種類、脳への影響、依存性の高さや具体的な障害などを映像やサンプルなどを示しながら解説。子どもたちは真剣な表情で講師の話に耳を傾け、「違法薬物がいけないものなのかはわかっているのに、なぜ世の中からなくならないのか」「違法薬物を作る人は悪いものとわかっているのになぜ作り続けるのか」など、本質を突くような素朴な疑問にも講師は丁寧に答え、「薬物は意外と身近な所にある。一度手を出し体に取り入れたらその影響は一生つづく」などと注意を促した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

夏休みファミリーコンサート「かなフィルランド」、8月21日

相鉄線星川〜天王町高架化のあゆみ振り返る 保土ケ谷図書館で8月16日までポスター展

夏休みに「エコ活」を

小学校4・5年生対象

夏休みに「エコ活」を 教育

植樹活動を間接支援

8月11日号

17講座の生徒募集

狩場緑風荘

17講座の生徒募集 文化

60歳以上を対象に

8月11日号

チラシのコツ指南

ヘルスメイト養成講座

【Web限定記事】

ヘルスメイト養成講座 社会

8月11日号

あっとほーむデスク

  • 7月28日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook