保土ケ谷区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

橘樹神社で奉納歌舞伎 子どもたち7人が21日

文化

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
本番へ向け稽古も佳境
本番へ向け稽古も佳境

 橘樹神社(岩崎勝美宮司)の神楽殿で11月21日(土)、奉納歌舞伎の公演が行われる。子どもたちに日本の伝統芸能を継承していくことを目的に、文化庁の地域活性化事業の一環として行われる取り組みで、小中学生7人が9月から週に一度、専門家から厳しい指導を受けながら、稽古を重ねてきた。

 今回、披露する演目「青砥稿花紅彩画」は幕末から明治にかけての歌舞伎作者・河竹黙阿弥が手掛けた作品。「知らざあ言って聞かせやしょう」の台詞が有名で「弁天小僧」「白浪五人男」とも呼ばれている。

 黙阿弥が両国橋付近で、美貌の青年が女の長い着物を着てぶらぶら歩いているのを見て、弁天小僧を思い付き、当時の人気浮世絵師・三代目歌川豊国に話をし錦絵ができ、それをまたこの芝居に仕立てたという逸話がある演目なだけに、錦絵から抜け出したような華やかさも見どころのひとつとなる。

骨董市やフリマも

 神社の境内では21日、22日の2日間、骨董市「アンティークバザール」を開催。月に一度のペースで催されているこちらのイベントも「掘出し物」を求め毎回、多くの来場者で賑わう。

 また、神社近くの天王町商店街では21日、22日の2日間、フリーマーケットが開催される。毎回2万人近い人が訪れるこの企画には、今回も150を超える店が出店する。出店料は震災復興チャリティーとして寄付するという。

 問合せは同商店街協同組合【電話】045・335・6659へ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

「音読」で脳活性

「音読」で脳活性 社会

公会堂で27日

10月14日号

エンディングノート学ぶ

落語で楽しみながら

エンディングノート学ぶ 社会

先着40人、10月27日

10月14日号

懐かしの市電の姿も

市営交通の歩み映像で回顧

懐かしの市電の姿も 社会

岩間市民プラザで11月

10月14日号

横浜マイスターに選定

月見台在住吉田昌義さん

横浜マイスターに選定 社会

椅子張りの高い技術 評価

10月14日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

10月14日号

横浜FC、ユース所属のDF・杉田隼選手が来季からトップチーム昇格

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook