保土ケ谷区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

東川島町上星川周辺 「目標はフラワーロード」 市助成金活用し地域緑化

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
12月に作る寄せ植えのハンギングバスケットの試作品を囲む委員ら
12月に作る寄せ植えのハンギングバスケットの試作品を囲む委員ら

 東川島町・上星川周辺に暮らす住民が立ち上げた市民団体「上星川レジデンス」(高野香織委員長)が、市が進める緑化事業「地域緑のまちづくり」の助成団体に区内の団体としては初めて認定された。

 会発足のきっかけとなったのは地域内のマンションに暮らす住民・上田智子さんが個人的に行っていた美化活動だった。「住民の目を楽しませよう」と趣味で育てた花をエントランスに飾る活動を続けるうちに、「飾られた花を見た住民や通行人との会話が増え、捨てられている空き缶などのゴミが少なくなった」という。

 こうした美化活動を「地域全体で出来ないか」と考えていた時、市の地域緑化助成事業があることを知り、娘の香織さんとともに団体発足に向けた「人集め」を開始。町内会長らの協力も受けながら、2人の思いに賛同した住民らとともに緑化組織を立ち上げ、今年6月に助成を申請していた。

 「地域緑化の輪」は広がりを見せ現在は25人が参加。10月末に助成が正式に決まり、12月から本格的に活動を開始する。目標は「会話の弾む上星川フラワーロード」作り。12月6日(日)・8日(火)には講師を招き、保土ケ谷区の花であるスミレ科のビオラやパンジー、葉牡丹を使った鉢植えを製作。「フラワーロード」実現へ向けた第一歩として、水道路の周辺や、メンバーの自宅の庭などに飾る予定だという。

 高野委員長は「子ども会や老人会など幅広い世代に声をかけ、花や緑の溢れる地域づくりをしていきたい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 教育

働き方改革の一環で

4月15日号

下平監督を解任

横浜FC

下平監督を解任 スポーツ

J1昇格の立役者 成績不振で

4月15日号

「地場ワイン」仕上がる

「地場ワイン」仕上がる 社会

話題呼び、予約で完売

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

4日から一時移転

休日急患診療所

4日から一時移転 社会

来年3月まで岩間町に

4月1日号

世帯単位での設置も補助

感震ブレーカー

世帯単位での設置も補助 社会

要件満たせば取付代行も

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク