保土ケ谷区版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

鬼怒川堤防決壊被害 水没の街の「今」伝える 27日に支援イベント

社会

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena
チラシを作る岩崎中学校男子バスケットボール部の父母会や部員の有志
チラシを作る岩崎中学校男子バスケットボール部の父母会や部員の有志

 記録的な集中豪雨による鬼怒川堤防決壊から2カ月余り――。今でも、茨城県常総市やつくば市内では日常を取り戻せずに生活している人がいることを伝え、被災者の支援につなげようと岩崎中学校男子バスケットボール部の父母会有志が、11月27日(金)に宮田町の横浜水道会館でチャリティー支援イベントを開く。

 50年に一度といわれる雨が降り続いた影響で堤防が決壊し広範囲にわたり浸水被害が出た鬼怒川流域では、現在でも常総市とつくば市で9カ所の避難所が開設され、200人近い人が不自由な中で暮らしている。また自宅で生活はしているものの、浸水した1階部分では暮らすことができないなど、これまでの日常とはかけ離れた生活を余儀なくされている人もまだまだ多いという。

 「報道されることがほとんどなくなってしまったが、まだまだ普通に暮らせない人がたくさんいることを知っていただきたい」。常総市の出身で現在は区内星川に暮らす小野直子さん(46)の実家も今回の災害で浸水した。堤防決壊の翌日に帰省し、水浸しになった故郷を目の当たりにし「愕然とした」という。

 そんな時、救いの手を差し伸べたのが、息子が所属する岩崎中学校男子バスケットボール部の父母会の仲間だった。「何かできることはないか」。サポートの輪は広がり、父母会の有志や子どもたちが、シルバーウィーク中、日帰りで3日間、現地に赴きボランティア活動に汗を流した。

「自分でも何かできないか」

 11月初旬、茨城県人会が都内で開いた災害復興チャリティー支援イベントに参加した小野さんは、災害直後から毎週末、常総市を訪れ、炊き出し活動を続ける本間綾子さんに出会った。

 本間さんが伝える現地の状況を耳にし、「自分でも何かできないか。現地のことを知ってもらうだけ、それだけでもいい、いまでも普通に暮らすことができない人たちの心に寄り添ってもらうだけでも」と本間さんに保土ケ谷での講演を依頼した。

会場に募金箱

 シルバーウィークに常総市を訪れた父母会メンバーや子どもたちとともに開催へ向け準備を進めている27日のチャリティー支援イベントでは、本間さんが「被災地のいま」を伝えるほか、写真家の古矢優さんが堤防決壊当日から現在に至るまでの現地の姿を撮りためた写真も展示・紹介される。

 また会場内には募金箱が設置され来場者に支援協力を呼び掛ける。集まった義援金は本田さんが主宰する団体を通じて現地の支援活動に役立てられるという。

 小野さんは「常総市のいまを知ってください。日常の生活を取り戻すためにいまもなお、復興作業が続いていることを。多くの皆様にお越しいただきたい」と話している。

 イベントは午後7時から9時までで事前の申込みなどは不要。問合せは小野さん(松原商店街内 御菓子司うさぎや)【電話】045・341・7223へ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 教育

働き方改革の一環で

4月15日号

下平監督を解任

横浜FC

下平監督を解任 スポーツ

J1昇格の立役者 成績不振で

4月15日号

「地場ワイン」仕上がる

「地場ワイン」仕上がる 社会

話題呼び、予約で完売

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

4日から一時移転

休日急患診療所

4日から一時移転 社会

来年3月まで岩間町に

4月1日号

世帯単位での設置も補助

感震ブレーカー

世帯単位での設置も補助 社会

要件満たせば取付代行も

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter