保土ケ谷区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

認知症高齢者 写真登録で徘徊時対策 早期保護目的に区が呼びかけ

社会

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 保土ケ谷区は認知症高齢者が徘徊した際、早期発見・保護につなげようと顔写真などを事前に登録する制度の運用を1月から開始した。区担当課では「行方不明になった場合、一刻を争う場合も考えられる。多くの方に登録していただければ」と話している。

 高齢化が急速に進む中、地方自治体では認知症対策が急ピッチで進められている。保土ケ谷区高齢障害・支援課によると65歳以上の高齢者人口は5万1620人(昨年9月30日現在)。全人口に占める高齢者の割合「高齢化率」は25・2%で、一般的に「65歳以上になると4人に1人の割合で認知症(軽度者も含む)の症状が現れる」といわれており、この数値に照らすと、1万3千人近い区民がこれに該当することになる。

 同区では2012年度から認知症を理解し、できる範囲内で患者やその家族を支援する「認知症サポーター」の養成を開始。1万人を超えるサポーターを生み出すなど、これまでは「地域全体で見守る輪を広め、目を増やす」取り組みを中心に進めてきた。

 区民の理解と見守りの輪を広げる取り組みが浸透してきた一方で、課題だったのが行方不明者が発生した場合の捜索の迅速化。区が今月から運用を開始した「事前登録制度」では、顔写真や緊急連絡先などを地域ケアプラザや区役所で登録することで、「一刻を争う場合も考えられる」有事の際、迅速に捜索を開始し、捜索者が「行方不明者を発見しやすい環境」を整える狙いがある。

 これまでは行方不明者が発生した際、家族などから口頭で得た情報をもとに捜索が進められてきた。今後は公共交通機関など「発見協力機関」にも登録された画像情報を配信することで、早期発見・保護につなげたい考えで、区担当課では「事前に登録しておけばいざという時に、連絡一本ですぐに動き出せるようになる。制度の意図をご理解いただき、多くの方に登録いただきたい」と話している。問合せは同課【電話】045・334・6328へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

弱視選手の「目」となり伴走

東京パラ女子マラソン

弱視選手の「目」となり伴走 スポーツ

川島町の主婦・山口遥さん

9月23日号

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook