保土ケ谷区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

がんセンターに重粒子線施設 2月から一般患者利用開始へ

社会

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
開所した治療施設
開所した治療施設

 県立がんセンター(旭区)に併設し、整備が進められてきた重粒子線治療施設「i─ROCK(アイロック)」が昨年12月に開所した。国内では5カ所目の重粒子線治療施設となり、12月中旬から臨床試験での利用が開始され、2月から一般患者の利用が開始される予定だ。

 「重粒子線治療」は外科手術ができない部位のがんに有効といわれている放射線治療のひとつ。X線や陽子線に比べ、がんを殺傷する能力が高いほか、副作用が少なく1回の照射線量を多くできるので、治療回数を減らすことができる。

 世界で稼働している同様の施設は現在、「i─ROCK」を含め9カ所。国内には5カ所の施設があり、世界中の患者の8割以上が日本で治療を受けている。

 「i─ROCK」は、神奈川県が2005年に策定した「がんへの挑戦・10か年戦略」の取り組みの一環として、整備が進められてきた。

 重粒子線施設ががん専門病院に併設されているのは世界初で、国内の他施設と比べ交通利便性がよく、最新の照射技術が取り入れられていることなども特徴だ。

高額治療費が課題

 重粒子線治療は健康保険適用外で、350万円の費用が掛かる。現行の先進医療制度では民間保険の特約が利用できるが、現在、国はその見直しを行っている。適用外となった場合には実費での治療となり、患者の負担増が懸念されている。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

今月は中止に

行政書士による無料相談会

今月は中止に 社会

9月16日号

IR誘致撤回を宣言

山中市長

IR誘致撤回を宣言 政治

初の本会議で所信表明

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

〜感染染症対策施し屋内開催〜

9月16日号

南国果物を販売

横浜市庁舎

南国果物を販売 社会

9月16・27日に

9月16日号

災害支援ナース募集

女性起業家を紹介

【Web限定記事】

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月9日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook