保土ケ谷区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

県商工高 開発商品 コンビニで販売 スイーツとパン4品

社会

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
生徒らが開発し店頭で販売されている【1】「フルーツババロア」【2】「うさぎのドレープ」【3】「まさに餃子+パン」【4】「とにかくチーズソースいっぱいピザパン」
生徒らが開発し店頭で販売されている【1】「フルーツババロア」【2】「うさぎのドレープ」【3】「まさに餃子+パン」【4】「とにかくチーズソースいっぱいピザパン」

 県立商工高校(高尾成弘校長)の生徒とコンビニエンスチェーン(株)スリーエフが共同開発したスイーツとパンが2月末頃まで神奈川、東京、千葉、埼玉のスリーエフ約560店舗(一部店舗除く)で販売されている。

 共同開発は昨年9月からスタート。「大人の女性をターゲットにしたスイーツ」と「自分が食べたいパン」をテーマに調査やアイデア出しを重ねてきた。

 材料の調達やコスト、配送面などで新たな商品を生み出す上での課題が次々と現れる度に社員からアドバイスを受けハードルをクリア。最終的にスイーツとパンをそれぞれ2品ずつの発売にこぎつけた。

 試行錯誤を繰り返した末、店頭に並んでいるのは、食べられる花「エディブルフラワー」をイメージし華やかに仕上げた「フルーツババロア」(320円)、クレープをドレスに見立てた「うさぎのドレープ」(380円)、ピリ辛の餃子風の具材をふんわりとした白生地で包んだ「まさに餃子+パン」(130円)、「チーズたっぷりのパンが食べたい」という思いから開発した「とにかくチーズソースいっぱいピザパン」(130円)の4種。

 スリーエフ担当者は「担当者では考え付かないような高校生の柔軟な発想が詰まった商品となっており、売れ行きも好調。ぜひご賞味いただきたい」と話している。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

保土ケ谷はスポセンで

ワクチン接種会場

保土ケ谷はスポセンで 社会

集団か個別 選択・予約

2月25日号

今週末27日に開幕戦

横浜FC

今週末27日に開幕戦 スポーツ

「目標はトップ10入り」

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

住宅火災が増加 保土ケ谷消防署が注意を呼びかけ

【Web限定記事】

住宅火災が増加 保土ケ谷消防署が注意を呼びかけ 社会

市内では今年に入って4人の死者も

2月18日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 政治

コロナ対応で膨張

2月11日号

東関東大会で銀賞

保土ケ谷小金管五重奏

東関東大会で銀賞 教育

コロナ禍の「努力」実る

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:30更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク