保土ケ谷区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

川島囃子 ベトナムで喝采浴びる 17年ぶりの海外公演

文化

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
笛や太鼓の音色に合わせ「おかめ」や「ひょっとこ」が踊ると会場がわいた
笛や太鼓の音色に合わせ「おかめ」や「ひょっとこ」が踊ると会場がわいた

 江戸時代から現在まで、200年以上にわたり区内西部域・川島地区で脈々と受け継がれてきた「川島囃子」がこのほど、ベトナムの首都・ハノイの劇場などで上演され、喝采を浴びた。

 日本とベトナムの文化交流の一環として企画された今回の公演では3日間にわたり、ハノイ市内のベトナム青年劇場や在ベトナム日本大使館、国際交流基金ベトナム日本文化交流センターなどで日本の伝統文化を披露した。

 ベトナムは親日家が多い国とされる。近年は日本食や日本文化がブームとなっていることもあり、各会場とも日本の伝統文化を一目見ようと多くの観衆が詰めかけた。

 1978年に横浜市初の無形文化財の指定を受けた「川島囃子」を継承する保存会は、市を代表する文化使節として99年にはアイルランドでも海外公演を成功させている。今回のベトナム公演はこの時以来17年ぶりとなる。

 渡越した保存会のメンバー11人が太鼓や鉦(かね)、唯一の旋律を奏でる笛の音色に合わせ、「おかめ」や「ひょっとこ」、「笑面」などが笑いを誘う動きを見せると、各会場とも大きな拍手がわき起こり、盛り上がりを見せたという。

 保存会の三村守会長は「上演後に次回の公演日程を尋ねられるなど、喜んでいただけたと思う。文化交流の目的もしっかりと果たせたと思う。大盛況に終え、ほっとした」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク