保土ケ谷区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

「火災警報器の設置を」 市内住宅13%が未設置

社会

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市消防局によると、消防法令により住宅用火災警報器設置が新築宅で2006年、既存住宅で11年から義務化されたものの、市内13%の住宅が未設置だという(15年2月時点)。さらに13年の市内戸建て住宅火災100件当たりの死者数は、設置済み住宅に比べ未設置住宅は約3倍に上る。

 区内では、電話中に警報器が鳴動し、コンロの火の消し忘れに気付き火災に至らなかった事例や子どもがライターで紙に火を点けてごみ箱に捨て、可燃物に燃え移り出火したところ警報器が鳴動し、被害を最小限に抑えた事例もある。

 保土ケ谷消防署予防課は「住宅火災では『逃げ遅れ』が原因で死亡に至るケースも多い。警報器は火災の早期発見に大変有効。今一度、設置・点検を」と呼びかけている。また、設置から10年経過している場合は、内部電子機器の劣化が進んでいるおそれがあるため、本体の交換を薦めているほか、自力取付けが困難な高齢者や障がい者世帯を対象に取り付け支援も行っている。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

今月は中止に

行政書士による無料相談会

今月は中止に 社会

9月16日号

IR誘致撤回を宣言

山中市長

IR誘致撤回を宣言 政治

初の本会議で所信表明

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

〜感染染症対策施し屋内開催〜

9月16日号

南国果物を販売

横浜市庁舎

南国果物を販売 社会

9月16・27日に

9月16日号

災害支援ナース募集

女性起業家を紹介

【Web限定記事】

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月9日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook