保土ケ谷区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

保土ケ谷中学校 同窓会が演台寄贈 「創立70周年の節目を形に」

教育

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
演台に立つ西田同窓会長(左)、有澤実行委員長(中央)、増田校長(右)
演台に立つ西田同窓会長(左)、有澤実行委員長(中央)、増田校長(右)

 今年創立70周年を迎えた保土ケ谷中学校(増田昌浩校長)で23日、演台の寄贈式が行われた。演台は同校同窓会(西田直会長)が70周年記念事業実行委員会(有澤文紀委員長)=人物風土記で紹介=を通し学校に贈った。

 昨年度までに2万8931人が卒業している同校は1947年に新制横浜市立中学校43校のひとつとして、県立横浜第2中学校(現神奈川県立翠嵐高校)の校舎の一部を仮校舎として借用し開校。50周年時の記念誌には「終戦直後の時代で校舎には窓枠もなく、教科書はもちろん、机、椅子、一片の紙、一本の白墨すらなくて、特に校舎は雨の日には雨漏りが激しく、傘をさして授業が行われる有様でした」と記されている。

 演台を寄贈した同校同窓会は61年前に発足。生徒が卒業時に納める同窓会費などを積み立て、10年おきに寄付などを行っている。

 今回は「70周年の節目を祝い、形に残るものを」と老朽化し角が破損していた演台を新調し、「70周年記念事業実行委員会」を通じて学校に贈った。

 この日の寄贈式で、自身も56年前に同校を巣立った西田会長は「当時は演台や体育館もなく、グラウンドで卒業式を行った思い出がある。これからできるだけ長く使っていただければ」と感慨深げに話し、増田校長は「校章が入った演台は我が校の象徴。卒業生の皆さまの思いが詰まったこの演台を長く使い、生徒たちには我が校の誇りを持ってもらいたい」と話し、「地域あっての学校。今あることに感謝し、次の10年につながるよう考えていきたい」と感謝を述べた。

 同校では昨年度から、70周年記念事業として体育館の改修工事やグラウンドの拡張工事が行われている。また、来年2月には記念式典・祝賀会が予定されている。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

弱視選手の「目」となり伴走

東京パラ女子マラソン

弱視選手の「目」となり伴走 スポーツ

川島町の主婦・山口遥さん

9月23日号

地場ワイン 醸造はじまる

地場ワイン 醸造はじまる 社会

来年3月に300本完成予定

9月16日号

分散開催模索も中止に

ほどがや区民まつり

分散開催模索も中止に 社会

区内最大級の催し、3年連続

9月16日号

ひまわりで復興支援

NTT東日本神奈川グループ

ひまわりで復興支援 社会

保土ケ谷公園で種を収穫

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

観戦チケットプレゼント

横浜エクセレンス

観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook