保土ケ谷区版 掲載号:2016年7月7日号 エリアトップへ

保土ケ谷消防署 救助技術の関東大会へ 13人が訓練の成果競う

社会

掲載号:2016年7月7日号

  • LINE
  • hatena
陸上の部(上)と水上の部(下)へ出場するメンバーら
陸上の部(上)と水上の部(下)へ出場するメンバーら

 消防隊員が救助技術を競う消防訓練会の県大会が6月に行われ、保土ケ谷消防署(平中隆署長)の署員13人が陸上と水上の部5種目で好成績をおさめた。7月13日に厚木市の県消防学校で行われる「第45回消防救助技術関東地区指導会」に県代表として出場する。

 同指導会は、消防救助活動に不可欠な体力や精神力、技術力を養うとともに、基礎訓練や連携訓練を通じて救助隊員の育成、スキルアップを図ることを目的に毎年実施されている。

 関東大会には、全国大会出場をかけて関東地区1都9県から約650人の救助隊員が一堂に会する。横浜市消防局からは25人が出場し、保土ケ谷署からは半数を占める13人の先鋭たちが選出された。

 陸上の部に出場するのは、西谷特別救助隊の小川直哉さん、伊藤正人さん、森野亮二さん、早川大貴さん、渡辺健二さんの5人。5人1組で塔上からロープを使い救助する「引揚救助」でチームの指揮を執る小川さんは「全国大会出場に向け日頃の訓練の成果を発揮し、地域住民の皆さんに”安心・安全”を実感していただけるよう精進していきたい」と話した。

 水上の部に出場するのは、今井消防隊の村田利樹さん、辻脇慧さん、平井順也さん、権太坂救助隊の北島雄介さん、松野裕介さん、程島弘成さん、北川一政さん、保土ケ谷消防署警防1課の磯部奈緒美さんの8人。

 3人1組でロープを使い救助する「人命救助」、3人1組で水中で3種のロープ結索を競う「水中結索」、水難救助の基本的な泳法を競う「基本泳法」、2人1組で溺者を救助する「溺者搬送」の4種目を競う。水上の部へ出場する署員らは「昨年全国大会を逃した悔しさをバネに今年2月から訓練を積み重ねてきた。一丸となって全国大会目指したい」と意気込む。

 今大会で優秀な成績を収めた場合、8月の全国大会への出場権が得られる。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「孤立防止」に力点

区地域福祉保健計画

「孤立防止」に力点 社会

ポイントは担い手発掘

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter