保土ケ谷区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

地域で立ち直りを支援 保護司会・中学生がキャンペーン

社会

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
キャンペーンに参加する中学生(上)と北村会長(右)
キャンペーンに参加する中学生(上)と北村会長(右)

 「第66回保土ケ谷区社会を明るくする運動の街頭キャンペーン」が7月5日と7日、保土ケ谷区内で開催された。罪を犯した人たちの更生について理解を深め、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、今年で66回目。保土ケ谷保護司会と保土ケ谷区更生保護女性会が主催し、保土ケ谷警察署と自治会町内会、宮田、岩崎、橘の各中学校の生徒も参加し、駅前などで啓発用のパンフレットなどを配った。

 罪を犯した人の生活を見守りさまざまな相談にのり指導する保護司は、現在区内で40人。キャンペーンは保護司の活動のPRの場ともなり、かつては罪を犯したことを承知の上で雇用し立ち直りを支援する協力雇用主を名乗り出た事業主もいた。北村美代子会長は「罪を犯した人の立ち直りにはやすらげる場所が必要。おかえりといえる社会になれば」と思いを語り、「今回参加した中学生も、頭の片隅に保護司という仕事を覚えていてほしい」と話した。

サインに気づいて

 また北村会長は、「たくさんの経験する夏休みは、子どもの様子が変わる時」と言い、「もし何かあれば”熱もないのに頭が痛い”など、何かサインを送っているので気づいてほしい」とアドバイスする。「犯罪は一生後悔する。だから事前に芽を摘むことも大事」。そんな思いから、夏休み前に中学校で青少年の非行防止を目的とした、ミニ集会なども行っている。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

児童見守り12年

児童見守り12年 社会

宮田町・小川勘七さん

4月15日号

年間約900人が返納

運転免許証

年間約900人が返納 社会

「卒業証書」も配布中

4月15日号

8月22日投開票

横浜市長選挙

8月22日投開票 政治

五輪避けた日程に

4月15日号

花壇ボラ募集中

花壇ボラ募集中 社会

県立保土ケ谷公園

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク