保土ケ谷区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

横浜保土ケ谷ライオンズクラブの会長に就いた 中村 克明さん 峰岡町在住 72歳

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena

柔軟な発想で活性化図る

 ○…1966年3月29日にライオンズクラブ国際協会から認証を受け、正式に発足した横浜保土ケ谷ライオンズクラブ。その長いクラブの歴史上、初となる2度目の会長就任。12年前の会長経験を活かし、万感の思いを込めて決めたという今年のテーマ「共に創ろう奉仕の世界と活気あるクラブを」を掲げ、奔走する。「いかに地域貢献できるかを考えていきたい」と真剣な眼差しで語る。

 ○…小中学校で行う薬物乱用防止キャンペーンや献眼・献腎のドナー募集など「これまでの伝統的な活動も地道に継続していきたい」。同時にクラブ活性化も狙い、「集会時などに会員に一人15分ほど自身のことを自由に話す時間を設けてみてはどうか」とアイディアは尽きない。情報共有することで、”互いに刺激を受ける関係づくり”を目指す。「人は見た目じゃなく、色んな素晴らしい一面を隠し持っている。それを引き出していきたい」

 ○…峰岡町で生まれ育ち、峯小学校、宮田中学校、桜丘高校の出身。「父は峯小のPTA会長だったんですよ」と懐かしむ。体が弱かった小学生時代、体育を休んだ日は校舎の天井裏に潜り込み、隣の教室の授業を覗く「いたずらっ子だった」。そんな生まれ育った地域で奉仕活動をしようと、50歳でクラブに入会。クラブや会社へ向かう途中、母校に通う小学生を見かけると、「自分もこんなことがあったと童心に返り、心が落ち着く」と微笑む。

 ○…自身の価値観を変えたのは、アメリカで法人会社の創設に携わった28歳の時。広大な土地に圧倒されながらも「なんとかなるだろう」と前向きに奮闘した。タイムカードを切るために終業時間前にできる行列や考え方の違いを「日本じゃありえない。おもしろいと思った」。海外に住む親戚とはつい英語で会話が弾み、「女房には嫌がられる」と苦笑い。寛容な人柄と柔軟な発想で、地域のため邁進する。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

4月1日号

苅部 平吉さん

これまでに6基の神輿を自作してきた

苅部 平吉さん

西谷町在住 79歳

3月18日号

PORIN(ポリン)さん

Awesome City Club でボーカルを務める

PORIN(ポリン)さん

横浜市出身

3月11日号

木澤 尚文さん

【Web限定記事】ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けた慶応大の投手

木澤 尚文さん

日吉在住 22歳

2月25日号

日比 宣仁さん

【Web限定記事】保土ケ谷町にある樹源寺の副住職で動物供養会を開催した

日比 宣仁さん

31歳

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク