保土ケ谷区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

インターハイ出場2校7人 全国の舞台で勝負 28日、大会開幕

スポーツ

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena

 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が7月28日から開幕する。保土ケ谷区からは4競技に、横浜清風高校と保土ケ谷高校の7人が出場権を得た。本番を前に各選手に大会への意気込みを聞いた。

 私立横浜清風高校からは、小宮拓郎さん(3年)、鈴木舞桜さん(同)と川間萌さん(同)、吉田百花さん(同)の4人が出場する。

 陸上部部長の小宮さんは、南関東大会の男子棒高跳びで4m70cmを記録し、初のインターハイ出場権を勝ち取った。中学3年時に全国6位まで勝ち進んだ経験もあり、「厳しい戦いになると思うが、今大会では中学生の時に出した全国6位以上を勝ち取り、高校3年間の集大成を結果にしたい」と決意に燃える。

 ソフトテニス部部長の鈴木さんと川間さんは、県予選の女子ダブルスで5位入賞を果たし、初出場を決めた。ペアを組んで2年半、頂点を目指してきた2人。鈴木さんは「一つでも勝ち進み、力を出し切りたい」と意気込み、川間さんは「基本的なミスをなくし、粘り強い自分達らしいプレーをしたい」と話した。

 硬式テニス部の吉田さんは、県高校総体の女子シングルスで4位に入賞し、3度目の全国の舞台へ。一昨年は団体戦で出場し、昨年はシングルスで挑み、ベスト16の結果を出した。

 「しっかりと自分のプレーをして、昨年以上の結果を残したい」と意気込む。一方で、「ストロークの安定感を高めることを意識して本番を臨みたい」と冷静に自己分析した。

悔いのない走りを

 県立保土ケ谷高校は自転車部から前部長の平井秀光さん(3年)、藤井海星さん(3年)、山岸大地さん(2年)が挑む。

 平井さんは関東大会の1Kmタイムトライアルで6位に入賞。2度目の全国だが、「終盤のスピードを落とさず、悔いなく力を出し切り、優勝を目指したい」と意気込む。スクラッチで9位だった藤井さんは「レース中も周りをよく見て臨機応変に動き、入賞したい」と話した。ポイントレースで7位に入賞した山岸さんは「瞬間的なスピードと持続力のバランスを意識し、自分の納得いく結果で入賞を」と意気込みを語った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「地場ワイン」仕上がる

「地場ワイン」仕上がる 社会

話題呼び、予約で完売

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

4日から一時移転

休日急患診療所

4日から一時移転 社会

来年3月まで岩間町に

4月1日号

世帯単位での設置も補助

感震ブレーカー

世帯単位での設置も補助 社会

要件満たせば取付代行も

4月1日号

地域課題解決へ37事業

2021年度区予算

地域課題解決へ37事業 政治

自主企画に約1億円

3月25日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク