保土ケ谷区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

古きに触れる 和田の3つの社 町名の由来にも

文化

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
和田不動
和田不動

□和田不動(真福寺)

 関東三十六不動霊場の第4番札所で源頼朝の家臣・和田義盛の建立と伝えられる。境内には市の名木古木の指定を受けている樹齢300年以上のツバキと樹齢400年以上のイチョウも。門前にある地蔵尊は和田町駅近くの山崎台にあった幻の寺「浅間宝寺」跡に祀られていた「満願地蔵尊」。この地蔵の体をなでると願い事が叶うといわれている。

□和田稲荷

 戦勝祈願のため当地に祀られていた十一面観世音菩薩の礼拝に訪れた和田義盛。夢枕に立った観音様のお告げを受け建立したのがこの稲荷社。後に鷹狩をするためにこの地を訪れた稲荷を参拝した頼朝が義盛の名にちなみ、「和田」の名を冠し「和田稲荷」と命名。和田町の由来となったともいわれている。

□和田地蔵

 阿弥陀像の庚申塔で地元では「地蔵様」と呼ばれる。いまでは地域の「守り神」として崇められ、地元有志や世話人会が花を活けたり酒を手向けたりと、「お世話」をしている。

和田稲荷
和田稲荷
和田地蔵
和田地蔵

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

陸上・バスケが躍進

清風高校

陸上・バスケが躍進 スポーツ

関東大会に進出

6月10日号

横国大で特別授業

小中学生対象

横国大で特別授業 教育

夏休みに7講座

6月10日号

2団体が連続無火災

2団体が連続無火災 社会

出口区長から表彰

6月10日号

12日に朝市

12日に朝市 社会

区役所前広場

6月10日号

相鉄天王町駅にAI画像解析技術導入

【Web限定記事】

相鉄天王町駅にAI画像解析技術導入 社会

白杖や車いす利用者のサポート

6月10日号

横浜FCラッピングバス 運行スタート

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter