保土ケ谷区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

(PR)

第2回市民公開講座 「肺がん最新事情」を専門家3人が講演 9月10日、旭区民文化センター「サンハート」

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
新緑脳神経外科太田 誠志 院長
新緑脳神経外科太田 誠志 院長

 医療法人社団 東京石心会「新緑脳神経外科」(旭区市沢町・太田誠志院長)は、「MRI(3T)」「MRI(1・5T)」「CT」「X線撮影装置」「超音波装置」「脳波計」などの機器をワンフロアに集約した検査棟を新設するなど、地域医療の拡充に努めている。また、放射線治療装置「サイバーナイフ」を備えた『横浜サイバーナイフセンター』が併設。放射線を用いた次世代の治療法は、体をメスで切らず、患部に放射線を照射し、病巣を縮小させることができる。同院のサイバーナイフ治療の実績は累計6000件を超えている(15年11月現在)。

負担かけない肺がん治療

 同院では9月10日(土)、市民公開講座「肺がん治療の最新事情」を開催する。昨年に引き続き2回目。今回のテーマは「体にやさしい治療の現状」。午後1時から3時半まで(開場0時半)。会場は旭区民文化センター「サンハート」(二俣川駅直結)。当日は同院・太田誠志院長、県立がんセンター呼吸器外科部長・伊藤宏之医師、同呼吸器内科部長・山田耕三医師が講演するほか、パネルディスカッションが予定されている。参加費無料。申し込み不要。定員300人。

 「現在、肺がんの手術は、以前のように大きく肺を切除せずできるようになったので、患者さんの負担が軽減されています。また、化学療法ではターゲットとする遺伝子にピンポイントで作用する、最新の分子標的薬が開発されているので、副作用が軽減されています」と話すのは「がんセンターでの肺がんの診断と治療」について講演する山田医師。太田院長は「がんの治療は、薬剤、手術、放射線治療など、病状に合わせて最も適した治療を組み合わせます。私どもは、ピンポイントの放射線治療施設として、地域に貢献したいと考えています」と話す。

県立がんセンター伊藤 宏之 医師
県立がんセンター伊藤 宏之 医師
県立がんセンター山田 耕三 医師
県立がんセンター山田 耕三 医師

医療法人社団 東京石心会 新緑脳神経外科

横浜市旭区市沢町574-1

TEL:045-355-3600

http://www.syck.jp/

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

11月5日・18日 送迎付き見学会(体験昼食付)

10月22日号

横浜市 介護資格取得を支援

横浜市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を開催

10月22日号

1滴の血液で「がんリスク」を判定

「ドキドキわくわく」が学びの第一歩

「ドキドキわくわく」が学びの第一歩

保土ケ谷の人気幼稚園

10月15日号

住宅の相談は地元の職人へ

神奈川土建

住宅の相談は地元の職人へ

「住宅センター」で受付

10月15日号

不動産の売却は「相鉄」におまかせ

マンション土地・戸建など

不動産の売却は「相鉄」におまかせ

新サービス「住んだまま買い取りプラス」も好評

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク