保土ケ谷区版 掲載号:2016年10月6日号 エリアトップへ

保土ケ谷区老人クラブ連合会の会長を務める 松野 忍さん 上菅田町在住 80歳

掲載号:2016年10月6日号

  • LINE
  • hatena

信念貫き走り続ける

 ○…健康・友愛・奉仕を三本柱に創立から53年目を迎える保土ケ谷区老人クラブ連合会。区内130以上の老人クラブ、8千人以上が集う連合会の先頭に立ち、運営に奔走する。理事や副会長を経て会長に就任。10年に渡り連合会を支えてきた。「仲間たちと共にクラブの活性化を図り、担い手発掘に向けて魅力を発信していきたい」。はつらつとした語り口と丁寧な物腰が印象的だ。

 ○…60歳の時に地域の老人クラブ「睦会」に入会。10年前から会長を務め、公園愛護会の立ち上げも行った。連合会会長としても地域の居場所・たまり場づくりとしてサロン活動に尽力。アンケート集計や見学会を行い、「各サロンで情報共有しながら、第三者から得た印象を活かし、工夫していきたい」。現在、区内のサロンマップの製作も進め、広報にも力を注いでいる。

 ○…上菅田町の農家で生まれ育つ。幼少期から好奇心旺盛で野球やバレー、コーラスにも挑戦した。父も老人クラブの三役を務め、地域に慕われる存在だった。今も忘れられないのは、農作業中に手を休めた父が一人でなにかしゃべる姿。「演説の練習をしていたんですよ。だから話し上手なんだと納得した」と微笑む。自身も時間を惜しまず、サロンやラジオ体操、民謡など様々な活動に参加。クラブを機に習い始めた民謡は毎年大会に出場している。70歳から独学で始めたパソコンで作成した毎月のスケジュール表は予定でびっしり。「クラブに行くことが息抜きかな」と笑い飛ばす。

 ○…移動先へ着替えを届けるなど多忙な夫を支える妻に対し、「かみさんの協力はありがたい」とはにかむ。「やるからには健康第一で走り続けたい。三日坊主は嫌いなので」。たばこも60歳で禁煙宣言するときっぱりやめた。「何でも宣言した以上、守らなければ男がすたる」と笑うも瞳は真剣そのもの。「地域の高齢者の皆さんにとって生きがいとなる活動にしていきたい」

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

一松 倫子さん

知的障害者バスケットボールの女子日本代表チームヘッドコーチを務める

一松 倫子さん

東川島町在住 55歳

1月21日号

石井 泰彦さん

保土ヶ谷区薬剤師会の会長を務める

石井 泰彦さん

西谷町在勤 42歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

笹川 吉康さん

プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから2位で指名された

笹川 吉康さん

明神台リトルグランパース出身 18歳

1月1日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

21歳

11月26日号

藤平 澄子さん

保土ケ谷区の「横浜子育てパートナー」として相談員を務める

藤平 澄子さん

川辺町在勤 64歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク