保土ケ谷区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

企業とつくる街、横浜(下) 「産学連携」PRの一つに

社会

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena
窓口で就職相談をする学生(市大)
窓口で就職相談をする学生(市大)

 企業の拠点を横浜に置くメリットの一つとして、市は「豊富な人材」「人材確保のしやすさ」を挙げる。専門的・技術的職業従事者数の多さに加え、市内にキャンパスを持つ大学は30校、理工系大学・大学院は9校。産学連携の機会にも恵まれていると言える。市経済局誘致推進課の担当者は、「企業と大学が共同研究を行っている例もある。企業側も採用を考える上で大きな要素となるのでは」と話す。

 また、将来的な人材となる学生への働きかけの一つとして、区と大学、企業が一体となって進めている事例がある。1000社を超える企業が集まる臨海工業地帯・金沢区。同区では、区役所と区内2大学(横浜市立大学・関東学院大学)が協力し、若手人材確保のための中小企業活性化に取り組んでいる。若手社員と学生の交流会や、学生視点で企業の魅力をまとめ、地域に発信する「地元企業の魅力(いいとこ)発信プロジェクト」などを実施し、企業と学生の相互理解をめざす。横浜市立大学キャリア支援センターの竹内彌継係長は、このような取り組みについて、「働き方や社会人としてのイメージをつかんでもらう、キャリア形成の場」と説明。現時点で、これらが地元企業の雇用に直結しているとは必ずしも言い難いとした上で、「学生からは視野が広がったなどの前向きな声が出ている。学生のうちからさまざまな企業を知ってもらうことで、社会に出た時に、地域の中小企業なども選択肢になり得るのでは」と話す。市もまた、「企業の誘致を促す上で、金沢区のように、企業と学生間の交流が活発なエリアがあることは、産学連携の上でもポイントになる」とし、取り組みの重要性を強調する。

 企業にとって、横浜はどのような街であるべきか。反対に、そこに住む人たちは何を重視して働くのか。「企業とつくる街、横浜」の歩みは今後も続いていく。

--了
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

児童見守り12年

児童見守り12年 社会

宮田町・小川勘七さん

4月15日号

年間約900人が返納

運転免許証

年間約900人が返納 社会

「卒業証書」も配布中

4月15日号

8月22日投開票

横浜市長選挙

8月22日投開票 政治

五輪避けた日程に

4月15日号

花壇ボラ募集中

花壇ボラ募集中 社会

県立保土ケ谷公園

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.shin-shin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 2月16日16:30更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2度目の公会堂大会

全日本プロレス

2度目の公会堂大会

28日、注目リーグ戦も

4月28日~4月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク