保土ケ谷区版 掲載号:2017年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷区制90周年 記念ロゴなど決まる 区の鳥「かるがも」が基調

社会

決定したロゴとキャッチフレーズのパネルの前で挨拶する渡辺教授
決定したロゴとキャッチフレーズのパネルの前で挨拶する渡辺教授
10月1日に区制90周年を迎える保土ケ谷区が区民らから投票を受け付けていたロゴマークとキャッチフレーズが決まり、1月6日に開かれた区の賀詞交換会会場で発表された。今後、地域の催しなどで使ってもらい、節目へ向けた機運を高めていきたいという。

 保土ケ谷区は1927(昭和2)年、横浜市の区制施行にともない神奈川区、中区、鶴見区、磯子区とともに誕生。「老舗5区」と呼ばれ、今年10月に90周年を迎える。既に実行委員会組織が立ち上がっており、記念事業の実施などが検討されている。

 記念ロゴマークは横浜国立大学と保土ケ谷区の連携協力協定に基づき、同大教育人間科学部学校教育課程美術教育講座の学生7人がイラスト原案を手掛けた。指導にあたる渡辺邦夫教授が選考・監修し、キャッチフレーズとともに4つの候補作を制作。ともに区内を流れる帷子川に生息し、区の鳥でもある「カルガモ」を基調に「90」の文字を配している。

 実行委員会では9月下旬から10月にかけて区内在住者らを対象に人気投票を実施。総投票数1万3543票のうち、3割を超える支持を集めた採用作品は、90の数字の中をカルガモの親子が列を成して泳ぐ様が描かれている。母親の首には区の花「すみれ」のリボンがあしらわれている。

 また、同時に投票を受け付けていたキャッチフレーズは、こちらも全投票の3割近い票を集めた「保土ケ谷で暮らすって…幸せカモ!」に決まった。

 決定を受け渡辺教授は「この仕事をいただけたのは大変光栄。母と子がスクラムを組んで未来へ進むというメッセージが込められている。今後、このマークが皆さまに愛され、90周年が成功するよう願っている」と話した。

 ロゴマークなどの利用には区区政推進課の承認が必要となる。承認方法などは区役所ホームページ内にある90周年記念事業ページに掲出されている。問合せは実行委員会事務局【電話】045・334・6203へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

新免許試験場、5月開業へ

横断歩道を新設

国道16号峯小入口交差点

横断歩道を新設

1月18日号

救急出場、6万件増に

消防局2030年予測

救急出場、6万件増に

1月11日号

天井改修工事が完了

保土ケ谷公会堂

天井改修工事が完了

1月11日号

2221人が門出

保土ケ谷区の新成人

2221人が門出

1月4日号

区制100周年へ向けた1歩

特別企画菅井区長に聞く

区制100周年へ向けた1歩

1月4日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 毎日の歯磨き

    保土ケ谷歯科医師会連載コラム(27)あなたの街の歯医者さんが教えます―

    毎日の歯磨き

    たかえす歯科医院 高江洲 慶 

    1月11日号

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク