保土ケ谷区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

免許の自主返納者が増加 昨年は区内で627人

社会

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 高齢運転者による自動車事故が後を絶たない昨今、運転免許証の自主返納の動きが各地で広がりを見せている。保土ケ谷警察署管内でも昨年1年間で627人が返納。一昨年に比べ約1・4倍に増加している。

 運転免許証は、加齢に伴う身体機能や認知機能の低下により運転時に不安を感じている高齢運転者など、運転を継続する意思がない人が自主的に取り消しを申請することがきる。

 昨年10月、港南区で80代男性が運転する軽トラックが集団登校中の小学生の列に突っ込み、1年生の男児が死亡した事故以降は特に増加傾向を見せている。事故後の2カ月間だけで、140人が返納し、一昨年同時期の79人に比べ約1・8倍に増えている状況だ。

 返納理由として、「自動車を運転しなくなったから」「身体機能の低下を自覚したため」「家族や友人などからのすすめがあったから」といった声があがっている。

 一方で、身分証明書として使用しているために返納を躊躇する人も多いという。同署では、自主返納の呼びかけとあわせて、公的な身分証明書として金融機関などでも使用することができる「運転経歴証明書」の案内を行っている。

 これは、免許証を有効期限内に自主返納した人と5年以内に手続きを終えた人が、手数料1000円で申請できるもの。写真入りで形状も免許証と似ているが、有効期限がないため一度申請すれば更新手続きも不要。協賛企業や団体、文化施設などで様々なサービスが受けられる。

高齢運転者の対策強化へ

 同署管内の65歳以上の免許保有者は2万1498人(1月20日現在)。国では、今年3月から改正道路交通法が施行され、高齢者への対策が強化される。75歳以上の高齢運転者に一定の違反行為があった場合、免許更新時を待たずに臨時認知機能検査を受けなければならない。検査の結果によっては「臨時高齢者講習」を受講する。

 また、認知症の恐れがあると判断された場合は、医師の診断書提出を義務付け、免許取り消しの対象となる。

 森元博署長は「保土ケ谷区は交通公共機関にも恵まれた環境。運転に不安を感じているご本人や心配されているご家族の方は、各制度について丁寧にご説明いたしますので、ぜひ遠慮なくご相談ください」と呼びかけている。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

障害者の力作 暦の挿絵に

偕恵いわまワークス

障害者の力作 暦の挿絵に 社会

100作品から12枚を厳選

12月2日号

「神社de(で)献血」初実施

星川杉山神社

「神社de(で)献血」初実施 社会

特別な「御朱印」も授与

12月2日号

国交大臣表彰を受賞

法泉境木自治会

国交大臣表彰を受賞 社会

道路清掃活動に評価

11月25日号

老舗の味 ポテチで再現

ハングリータイガー

老舗の味 ポテチで再現 社会

スーパー、SA(サービスエリア)などで随時販売

11月25日号

公園愛護の功績を表彰

公園愛護の功績を表彰 社会

在職10年超える2会長

11月18日号

橘樹神社で奉納歌舞伎

天王町

橘樹神社で奉納歌舞伎 文化

子どもたち12人が21日

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook