保土ケ谷区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

商工高校 商品開発したパン販売 1年生の授業で

教育

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
販売も生徒が行った
販売も生徒が行った

 県立商工高校で2月10日、生徒が商品開発したマロンクリームパンの販売が行われた。同校1年生の授業の一環で行われたもので、中区本牧間門のパン屋「本牧館」の協力のもと商品化を実現した。

 生徒らは、昨秋から「高校生が食べたくなる横浜名物のパン」をコンセプトに商品開発をはじめた。数人のグループに分かれ、まずは自分たちの頭の中にある横浜のイメージを整理するためアイディアマップを作成。そこからキーワードを導き出し、原材料や商品の形などを考えた。それらを本牧館の社員の前でプレゼン、同社でコストなどを考え、商品化が可能なマロンクリームパンが選ばれた。

 この案は、中華街の甘栗からヒントを得たそうで、「栗のつぶが入った甘いクリームのパンで、価格は100円前後」という内容。本牧館の高橋善春専務取締役本部長は、「高校生のイメージを大切にしながら、高校生が買える手ごろな価格が実現できるよう原材料に苦労した」と話す。またパンの形も栗をイメージできるように、下半分に丸くゴマをふるなど、生徒の案を改良した。

 商品名は当初案で「マロンパン」としていたが、「売れそうなネーミングを」と再考。横浜をイメージした『浜栗(ハマロン)』に決定した。男子生徒は「ネーミングが一番難しかった」と振り返っていた。

200個完売

 販売は昼休みに行われた。200個用意されたパンは、最初順調に売れていったが、後半は客足が伸び悩んだ。販売を担当した生徒は、声を出したり各教室に売り込みにいったりと販促活動を行い、昼休み終了間際に、見事完売。女子生徒は「おいしいパンができてよかった。200個は多いと思ったけど完売して嬉しい」と達成感に溢れていた。

 授業を担当した東和宏先生は、「プレゼンの前には自宅でパンを作ってくる生徒もいて、熱心に取り組んでいた。生徒にとってよい経験になった」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ 文化

公会堂で31日に上映

1月23日号

行政書士による無料相談会

ほどガヤ会議参加者募集中

強盗対応を確認

強盗対応を確認 社会

ゆうちょ銀行で訓練

1月23日号

25日に骨董市

25日に骨董市 文化

橘樹神社で

1月23日号

地場野菜ズラリ

地場野菜ズラリ 社会

区役所前で朝市、25日

1月23日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

学園通りでコンサート

「危ない通学路」イメージ払拭へ

学園通りでコンサート

岩崎中で2月1日

2月1日~2月1日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク