保土ケ谷区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

地域活性化団体FM上星川 ビル屋上広場整備に助成 まち普請事業で500万円

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
180人を超える聴衆を前にプレゼンするFM上星川のメンバー
180人を超える聴衆を前にプレゼンするFM上星川のメンバー

 地域特性を生かし、市民自らが提案・整備する横浜市「ヨコハマ市民まち普請事業」の2次審査がこのほど行われ、上星川地域で活動する団体「FM上星川」(天野進一代表)が提案した上星川商店街に新設されるビルの屋上に近隣住民のコミュニティスペースを作る取り組みが事業認定を受け、最高額となる500万円の助成を受けることが決まった。

 同団体は地元商店街を活性化させようと2016年2月、独自に住民調査を実施し、ニーズの高かったパン屋の誘致に成功。この調査過程で地域内にコミュニティ形成の場がなく、その整備に対する住民の期待が高いことに着眼した。

 商店街は小規模でありコミュニティスペースを確保することは難しいことからメンバーは、デッドスペースになりやすいビルの屋上を活用し、地域住民の憩いの場を生み出そうと思案。誘致したパン屋がテナントとして入るビルが新設されることから、ここにコミュニティスペースを作ろうと検討を進めている。

全審査員が評価

 180人の聴衆が集まったこの日のプレゼンテーションでメンバーは商店街に新たな人の流れが生まれることや、人と人とのつながりを生み出すことができ、商店街利用も高まること、さらにまちへの愛着が高まり、訪れる人にとっても、住む人にとっても魅力的な地域となるなど、整備効果を熱弁。7人の審査員全員からの支持を受け、上限額となる500万円の助成を受けることが決まった。

完成は今秋

 商店街の若手、地域住民、建築家、横浜国立大学の学生などで組織されるFM上星川のプロジェクトチームは昨秋、コミュニティスペースの活用法を考えるワークショップを開催。幅広い世代の地域住民らが参加し500を超える利活用案が上がった。年明けに屋上スペースの完成イメージ模型の披露会でも多くの住民が集まるなど、地域の大きな関心を集めている。

 計画では広さ45平方メートルほどの屋上広場は木材を床面、壁面に使った空間になる。今後、3月ごろに着工する予定のビルの整備がある程度完了する9月ごろから屋上空間の工事を開始。今秋には完成させる予定だ。

 天野代表は今回の助成決定を受け「思いが伝わり、とても光栄に思う。税金の中から補助金を受けるという点で大きな責任も感じる。地域に愛されるスペースを創り上げていきたい。これからが本番」と話した。

屋上の建設イメージ模型
屋上の建設イメージ模型

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

心躍る壁画お目見え

初音ヶ丘

心躍る壁画お目見え 社会

「こんな時こそ、上を向いて」

1月27日号

過去2番目を記録

2021年救急出場数

過去2番目を記録 社会

8月には月別の最多も更新

1月27日号

廃食用油回収し再資源化

廃食用油回収し再資源化 社会

区役所前広場で28日

1月20日号

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩 社会

苗木40本を植え付け

1月20日号

「途上国にワクチンを」

仏向小4年1組

「途上国にワクチンを」 教育

商店街にボトルキャップ回収箱

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook