保土ケ谷区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

「J2はもういい!!」 攻撃的サッカーで昇格へ

スポーツ

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
およそ350人のサポーターを前に今シーズンを戦う全選手が紹介された
およそ350人のサポーターを前に今シーズンを戦う全選手が紹介された

 川島町を拠点とするサッカーJ2「横浜FC」がシーズン開幕を間近に控えた2月18日、パシフィコ横浜アネックスホール(西区)で、キックオフセレモニーを開き、駆け付けたサポーターを前に選手、スタッフが2006年シーズン以来となる「悲願達成」を誓った。

 昨シーズン、前半戦こそ勝ち点を伸ばせずに苦戦したものの後半戦に盛り返し、8位でシーズンを終えた同チーム。昨シーズン途中に監督に就き、チームを立て直した中田仁司氏が今シーズンも引き続きチームの指揮を執る。中田氏はこの日、「優勝しJ1昇格」と今シーズンの目標を示した上で「それだけではない、J1で戦い続ける常勝軍団となることを見据え、攻撃的なサッカーで挑む」と会場を埋め尽くした約350人のサポーターを前に宣言。「サポーターの皆さんも、一喜一憂せずシーズンを一緒に戦ってもらいたい。最後に一緒に笑いましょう」と11月中旬まで続く長丁場での共闘を呼び掛けた。

強い気持ち

 1998年に横浜フリューゲルスが消滅し99年に横浜FCが誕生した当時からチームに携わる奥寺康彦会長はこの日、チームの生い立ちを秘話を交えながら披露した。

 当時、チームは立ち上がったものの所属選手はなく、奥寺会長らが電話で呼びかけ15人の所属選手を確保したことで、協会にチームとして認められた。下部リーグからスタートしたが、拠点がなく土のグラウンドを転々としながら練習を続け、ステップアップしてきた歴史などを紹介。

 その上で06年にJ2を制した当時のチームを懐古し「成し遂げるんだという強い気持ちがなければ目標は達成できない」と選手を鼓舞。「多くの選手は『J2はもういい』という気持ちであると信じている。サポーターも同じ気持ちで戦ってもらいたい」と話した。

 新チームの主将に就いた佐藤謙介選手は「自覚と覚悟を持ってプレーで引っ張っていく。ここまでいい準備ができているので、優勝に向けて開幕戦から期待してもらいたい」と挨拶。また、4人体制の副将の一人・三浦知良選手は「J1昇格という大きな目標を立てたが、簡単なことではない。06年の時も『J1昇格』という目標を立てシーズンに入ったが、選手も最初は自分たちを信じることができなかった。しかしシーズンを通してチームは成長し、目標にまっすぐに向かえるようになった。その時、チームメイトやサポーターの力が大きかった。みんなで覚悟を持って今シーズン戦っていきたい」と話した。

生え抜き選手

 この日は新入団選手も紹介された。小学4年生の頃から横浜FCの下部組織で育ち、ユースチームから昇格した山本凌太郎選手は「横浜FC歴は10年目。小さいころから目標としていたピッチに1試合でも早く立てるよう、頑張っていきたい」と抱負を語った。

26日午後2時

 J1昇格を目指すチームは宮崎県内で3週間のキャンプを敢行。常勝軍団・鹿島アントラーズに勝利するなど、シーズン開幕へ向けた準備は順調のようだ。

 シーズン開幕戦は26日(日)、ホームニッパツ三ツ沢球技場に松本山雅FCを迎える。午後2時キックオフ。

中田仁司監督
中田仁司監督
佐藤謙介主将
佐藤謙介主将
三浦知良選手
三浦知良選手

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

3センチほどに成長

鮭の稚魚

3センチほどに成長 社会

3月上旬に帷子川に放流へ

1月16日号

ボードゲームで脳を活性化

ボードゲームで脳を活性化 社会

2月に講座

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

糖尿病のいろはレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはレクチャー 社会

きょう、あすの2日間

1月16日号

輸入食品との付き合い方

輸入食品との付き合い方 社会

消費生活教室、22日

1月16日号

2月に入会説明会

子育てサポートシステム

2月に入会説明会 社会

参加者を募集中

1月16日号

プロ楽団のリハ公開

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク