保土ケ谷区版 掲載号:2017年3月2日号 エリアトップへ

横浜市 交通事故死が過去最少に 49人、前年比23人減

社会

掲載号:2017年3月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、2016年中に市内で発生した交通事故の死者数が前年比23人減の49人となり、過去最少になったと発表した。記録が残る1948年以降でみたもので、県内全体(140人)に占める割合は、前年の約40%から5ポイント減少し35%となった。

 市内の交通事故死者数のうち、高齢者(65歳以上)は前年比で11人少ない22人で約45%を占める。子ども(15歳以下)の死者数は2人で、歩行中、自転車乗車中によるもの。また、子どもが過失の最も重い「第一当事者」になった自転車事故は、他の年齢層と比べ最も多かった。

 市道路局では、死者数の減少要因として交通安全教育の普及や車の安全性向上、道路の改良などをあげている。県警察が昨年実施した「横浜エリアゼロ対策」による市内集中取締りや地域と関係機関・団体とが連携した地道な活動の成果も指摘した。

 市は今後も、反射材の配布や通学路の交通安全対策、また交通安全教育・啓発活動などに取り組むとし、市が交通安全計画で掲げる「年間死者55人以下」を継続できるように施策を進める方針だ。

 保土ケ谷区内でも事故件数は前年から35件減少し、567件になり、死者数、負傷者数もともに減少している。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook