保土ケ谷区版 掲載号:2017年3月9日号 エリアトップへ

(PR)

不動産のよろず相談 空き家になった実家を整理 和田町の「工藤不動産」

掲載号:2017年3月9日号

  • LINE
  • hatena

 和田町を拠点に創業以来36年にわたり保土ケ谷に密着する「工藤不動産」では、「不動産のよろず相談処」として無料相談を受付中。売却や住み替え、相続、空き家問題など様々な相談ができると好評だ。

「相続の相談はお早めに」

 近年、核家族化や高齢化が進み、相続人も住まいを所有しているため、親が亡くなった後、相続の手続きをせずに実家をそのまま放置しているケースが多いという。保土ケ谷区在住のBさん(50代男性)も5年前に親が他界し、実家は空き家になっていた。不用心なので、そろそろ整理しようと同社へ相談に。

 通常、相続が起きた際は、相続不動産の名義を変更する「相続登記」の手続きが必要となるが、相続人同士の利害関係でどのように進めるか話し合いがまとまらず、そのままになっていることも多いという。「相続登記」に期限はないが、名義変更を行わなければ売却することもできない。

 Bさんの場合、「相続人の中には普段付き合いのない親族もいたため、なかなか腰があがらなかった」という。同社では、一人ではなかなか進められない相続人の確認や相続人同士の意見調整もサポート。数々の案件を解決に導いた経験とノウハウを持つスタッフが丁寧かつスムーズに進めてくれる。「相続登記から売却まで円滑に行うことができ、相談してよかった」とBさん。

 スタッフは「相続手続きをせずに長い年月が経過すると、相続人の中で認知症や亡くなられる人が出て、代襲相続が発生。相続人が増え、関係が複雑化して状況によっては手続きに何年もかかる場合もあります。ご相談はお早めに」と呼びかけている。

工藤不動産

保土ケ谷区和田1-13-21工藤ビル1階

TEL:045-332-1231

http://www.kudofudosan.co.jp

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

時代に合った葬儀を提案

家族葬・終活「新光メモリアル」

時代に合った葬儀を提案

最後のお別れに「故人らしさ」を

10月21日号

「やってみたい」を大切に

「やってみたい」を大切に

園児の主体性がその後の宝に

10月14日号

住宅の相談は地元の職人へ

神奈川土建

住宅の相談は地元の職人へ

「住宅センター」で受付

10月14日号

いざという時の備えに

オリジナル防災グッズ作りませんか

いざという時の備えに

自治会・学校などで使用

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

10月27日・11月11日 送迎付き見学会(体験食事付)

10月14日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook