保土ケ谷区版 掲載号:2017年3月23日号 エリアトップへ

古地図から街の歴史探る 桜高の同好会がビーンズで展示

文化

掲載号:2017年3月23日号

  • LINE
  • hatena
来場者に説明する加藤教諭(写真中央)と亀田さん(同右)
来場者に説明する加藤教諭(写真中央)と亀田さん(同右)

 桜丘高校の「街並み歴史同好会」が調査を進めてきた明治から昭和初期にかけての保土ケ谷の歴史変遷を発表する展示会が、3月末までJR保土ヶ谷駅のビーンズ内で行われている。

 「街のルーツを街づくりのツールに!」をテーマにフィールドワークを重ね、古地図を読み解く活動をつづけている同同好会。地理歴史科の加藤敬教諭が顧問を務め、保土ケ谷周辺や東京などでも活動している。

 今回、展示されているのは、会の発足以来、歴代の所属生徒が集めてきた保土ケ谷域の明治から昭和初期にかけての資料だ。会場には1882(明治15)年、1922(大正15)年、1931(昭和6)年の地図が掲示され、それぞれの地図上にその時代を象徴する変化が記されている。

 加藤教諭は「明治期には塩田もあり、海が近かったことがわかる。大正期には国内最大級の工業地帯が生まれ、昭和期の地図には交通網の整備が見て取れる。市電や国道1号線も整備され、水道道もある。保土ケ谷は都市の近代化の象徴」という。

 初日となった16日には展示スペース前を通りがかった人が立ち止まり見入る姿も数多くみられた。

現在は1年生1人

 現在、同好会に所属する生徒は1年生の亀田拓暉さん1人。地域の歴史講演会に参加するほか、週末は加藤教諭とマンツーマンで江戸時代の地図を辿り、横浜や東京を歩く活動などを続けている。「先生の人柄にひかれた。自分の興味を満たすことができる活動なので満足しているが、一緒に活動する新入生が入ってくれれば」と話している。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

今月は中止に

行政書士による無料相談会

今月は中止に 社会

9月16日号

IR誘致撤回を宣言

山中市長

IR誘致撤回を宣言 政治

初の本会議で所信表明

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

〜感染染症対策施し屋内開催〜

9月16日号

南国果物を販売

横浜市庁舎

南国果物を販売 社会

9月16・27日に

9月16日号

災害支援ナース募集

女性起業家を紹介

【Web限定記事】

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月9日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook