保土ケ谷区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

DeNA 給食に選手寮のカレー 子ども20万人に提供

教育

「青星寮カレー」(DeNAベイスターズ提供)
「青星寮カレー」(DeNAベイスターズ提供)
 横浜DeNAベイスターズは球団の選手寮「青星寮」で選手が食べている名物料理「青星寮カレー」を学校給食用にアレンジし、市内学校給食実施校341校、約20万人の子どもに提供する取り組みを5月15日から開始する。

 カレーはDeNAの若手選手が生活する寮で長年提供されており、2016年シーズンから横浜スタジアムでも販売。ファンからは「選手が食べているものが楽しめる」と好評だ。

 今回の取り組みは同球団と市が締結したスポーツ振興と地域経済活性などを目指す「I☆YOKOHAMA協定」の一環。たくましい選手を育てたカレーを子どもに食べてもらい、チームを身近に感じてもらいながら食の大切さを伝える。

 カレーは市立小学校などを4つのエリアに分けて5月15日、16日、22日、25日に提供。特別支援学校には15日から6月にかけて順次実施される。

 DeNAの今永昇太投手は「たくさんの野菜などが入って栄養満点。僕もおいしく食べている。野菜が苦手でも食べやすく感じるはず」とコメントしている。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク