保土ケ谷区版 掲載号:2017年6月22日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

大腸内視鏡検査の重要性 結束医師に聞く「大腸がんの症状」

消化器内科の職員
消化器内科の職員

 横浜駅西口にある神奈川歯科大学付属横浜クリニックで消化器内科を担当する結束貴臣医師に「大腸がんと検査の重要性」について聞いた。

 国立がん研究センターの2014年の統計では、日本人ががんで亡くなる人は4人に1人で、大腸がんで亡くなる人は全体の第2位。特に40歳を過ぎると罹患率が上がるとも言われている。

 大腸がんの原因は、主に食生活の欧米化、たばこ、過度の飲酒、運動不足などが挙げられ、「初期症状は部位によって異なるが、多くは血便や下痢と便秘の繰り返し、貧血、など便に関する症状が多い」という。

 「大腸がんは症状が出てきた時にはかなり進行している危険性があります。40歳以上になったら早めの検査をお勧めします」と結束医師。同クリニックでは検査前に腸をきれいにする前処置を行うほか、希望があれば、検査時に発見したポリープの切除もしている。

市民公開講座7月8日(土)

 「胃・大腸内視鏡検査でみつかる病気」について日暮琢磨医師が無料講座を開く。参加希望者は、7月7日(金)までに地域医療連携室【電話】045・313・5047へ事前申し込みを。

神奈川歯科大学附属横浜クリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6

TEL:045-313-0007

http://www.hama.kdu.ac.jp

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク