保土ケ谷区版 掲載号:2017年8月10日号 エリアトップへ

保土ケ谷消防西消防 全国大会出場へ 溺者救助の技術競う

社会

掲載号:2017年8月10日号

  • LINE
  • hatena
練習の様子(写真上)と出場する程島さん(左)、村田さん(中央)、松野さん(右)
練習の様子(写真上)と出場する程島さん(左)、村田さん(中央)、松野さん(右)

 保土ケ谷消防署(宮代徹署長)と西消防署(中嶋俊明署長)の合同チームが、23日から宮城県で開催される全国消防救助技術大会に出場する。種目は、水上の部の溺者救助。

 この大会は、消防救助隊員の救助技術を競うもので、陸上の部と水上の部があり、全国の予選を勝ち抜いた約1000人の隊員が日ごろ鍛え抜いた救助技術を披露する。

 保土ケ谷・西の合同チームが出場するのは、水上の部の『溺者救助』。小型救命浮環に救命ロープを結着した後、浮環をプール内に投下、救助者が25m先の要救者まで搬送し、これに要救助者をつかまらせ、救命ロープをけん引して救助するまでの安全確実性と所要時間を競う。メンバーはロープの引手が村田利樹さん(西消防署警防第一課)、浮環を搬送する泳ぎ手が程島弘成さん(保土ケ谷消防署権太坂消防出張所一係)、要救助者が松野裕介さん(同)。

 チームは県大会を12チーム中2位で通過し、関東大会では28・2秒と県大会より0・6秒縮め3位となり全国出場を決めた。「30秒足らずの競技なので確実さが必要」とこの種目で3回目の全国出場となる村田さん。程島さん松野さんも他種目で全国出場したことがあり、「一番を目指したい」と3人の想いは一つだ。

 1日には坂野満消防局長が訓練センター(戸塚区)を訪れ3人を激励。「日頃の訓練の成果であり、とても頼もしい。災害現場の基礎となる技術なので、全国の舞台で精神力、体力、技術のレベルアップを図ってほしい」と期待を寄せた。宮代署長は、「横浜、神奈川、関東の代表として、頑張ってきてほしい」と話した。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月5日号

「美味しいお米になあれ」

ほどがや元気村

「美味しいお米になあれ」 コミュニティ教育

児童40人が伝統農業体験

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook