保土ケ谷区版 掲載号:2017年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

感震ブレーカー設置助成 利用率わずか3% 市、要件緩和で打開図る

社会

おもり玉式(左)とバネ式の感震ブレーカー
おもり玉式(左)とバネ式の感震ブレーカー
 大規模地震の発災時に懸念されている木造住宅密集地帯での火災対策として横浜市が設置促進を図る「感震ブレーカー」の普及が進んでいない。これを受け市は10月から助成要件を緩和する対応策を打ち出した。

 感震ブレーカーは震度5程度の揺れを感知するとブレーカーのスイッチが切れ通電を遮断する装置で、横浜市では木造住宅が密集する地域への導入促進で地震の際の火災延焼の抑制につなげようと、市内11区、約34万世帯を対象に設置費用の一部を助成する事業を2013年度から開始した。

 横浜市では個人を対象にした「分電盤タイプ」と自治会・町内会を対象にした「簡易タイプ」への助成を行ってきた。しかし市総務局危機管理課によると事業開始から4年半が経過した9月末時点で、補助制度を使い装置を設置したのは1万184世帯。全世帯の3%程度に留まっているのが実情だ。

 この状況を打開しようと市は今月から「簡易タイプ」への助成要件を緩和。これまで補助申請には自治会・町内会の概ね50%以上の世帯が集まる必要があったが、今回の要件緩和で10世帯以上がまとまれば、感震ブレーカーの購入・設置費用の2分の1(上限2千円)が補助されるようになった(先着7千件)。市担当者は「ハードルが下がったことで自治会・町内会の班単位も可能になる。設置事例を増やすきっかけになれば」と期待を寄せる。

区ごとに独自策も

 市からの補助に加え、区独自の助成制度を設けるなど「導入しやすい環境」を整えている神奈川区などの普及率は8%を超えている。普及率が最も低い保土ケ谷区内のある自治会の会長は「制度自体は把握しているが、補助要件がハードルとなっている」と話す。

認知度低く伸び悩み

 市の地震被害想定では元禄型関東地震レベルの地震が発生した場合、火災による死者数は全死者数の5割弱となる1548人と試算。東日本大震災における火災の出火原因の約6割が電気配線などからの出火だったことから、感震ブレーカーの普及は減災のカギとなる。同課担当者は伸び悩みの要因を「感震ブレーカーの認知度の低さ」と分析。今後、イベントなどを通じ周知強化を図り、設置促進につなげていく方針だ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月22日号

迅速対応で火災拡大阻止

地域力推進へ43事業

2018年度区予算案

地域力推進へ43事業

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

考案の宿泊プランに評価

県商工高校総合ビジネス科

考案の宿泊プランに評価

2月8日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花が見ごろ

保土ケ谷公 園

梅の花が見ごろ

週末にはイベントも

2月24日~2月24日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク