保土ケ谷区版 掲載号:2017年12月14日号 エリアトップへ

市民病院 術後患者に優しいスープ フランス料理店「霧笛桜」と共同開発

社会

掲載号:2017年12月14日号

  • LINE
  • hatena
スープを紹介する今平総料理長
スープを紹介する今平総料理長

 岡沢町の横浜市立市民病院(石原淳病院長)は中区のフランス料理店「霧笛桜」と共同で開発した「野菜スープ」を手術後など食事に制限がある入院患者に11月から病院食として提供を始めた。

 「入院中にこそ美味しいものを食べてほしい」――。昨秋、同院の医師や栄養士が「病院食として植物性食品だけの横浜らしい美味しいスープを作れないか」と「霧笛桜」の今平茂総料理長に相談。今平氏は1年をかけレシピ開発を進めた。

9種の香味野菜と昆布や椎茸の出汁

 完成した野菜スープ「スープ・ドゥ・レギューム」はタマネギやニンジン、セロリ、ローリエなど9種の香味野菜を使用。一般的なスープでは旨味を出すのに動物性食品が使われることが多いが、術後の患者に提供するため、胃腸に優しく、消化吸収の負担にならないよう昆布や椎茸の出汁を用い、塩分濃度は極限まで抑えた「植物性食品の旨味が凝縮した優しく、美味しいスープ」に仕上げた。

 同院では1日に70食程度のスープを用意。「香りも楽しんでもらおう」と今平氏のアイデアで、スープは蓋付きの器で提供されている。

 スープを口にした患者からは「絶食後にはとても優しい味だった」「闘病中に一点の光明が差したような美しい美味しさだった」「野菜の優しい味が出ていて絶品」など、好評の声が寄せられているという。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

技術伝えるひな人形展

技術伝えるひな人形展 社会

1月25日から 人形の家

1月23日号

「地上より永遠に」上映

「地上より永遠に」上映 文化

アートホールで26日

1月23日号

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ 文化

公会堂で31日に上映

1月23日号

行政書士による無料相談会

ほどガヤ会議参加者募集中

強盗対応を確認

強盗対応を確認 社会

ゆうちょ銀行で訓練

1月23日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

学園通りでコンサート

「危ない通学路」イメージ払拭へ

学園通りでコンサート

岩崎中で2月1日

2月1日~2月1日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク